So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
写真とカメラ ブログトップ
前の8件 | -

飴ゴム チューブの結び目。 [写真とカメラ]

今日の写真は、飴ゴム(アメ ゴム) チューブ結び目です。

Natural Rubber_(2018_02_08)_1_resized_1 飴色をした天然ゴム チューブが折り畳まれ結ばれている様を撮影した写真。
https://c1.staticflickr.com/5/4616/28372948119_3f96dc8c8e_o.png
天然ゴム製で、綺麗な飴色のチューブですね。

このゴム管は摩擦が強く、また静電気も帯びるので、塵や埃が付着し易く、撮影時にはセロファン粘着テープで塵や埃を除去しながら撮影致しました。

Natural Rubber_(2018_02_08)_5_resized_1 飴色をした天然ゴム チューブが折り畳まれ結ばれている様を撮影した写真。
https://c1.staticflickr.com/5/4712/28372947909_4beb79c558_o.png

Natural Rubber_(2018_02_08)_9_resized_1 飴色をした天然ゴム チューブが折り畳まれ結ばれている様を撮影した写真。
https://c1.staticflickr.com/5/4703/28372947699_84908abef7_o.png
この飴ゴム チューブは半透明に光が透けていて、何とも綺麗です。

ブログ記事: 100円ショップ材料で撮影ボックスを自作しました。
http://crater.blog.so-net.ne.jp/2018-01-19

nice!(0)  コメント(0) 

建設現場のタワー クレーンと電波塔の写真。 [写真とカメラ]

今回も、建設現場のタワー クレーンと電波塔を撮影致しました。

Tower Crane_(2018_02_04)_1_resized_1 タワー クレーンを下から見上げて撮影した写真。
https://c1.staticflickr.com/5/4695/40049436682_154bbe68e0_o.png
これは池袋の建設現場で撮影したタワー クレーンの写真です。
銀色に輝く下部と赤色白色に塗り分けられた鉄骨ジブがとても美しいです。

Tower_Kumagaya_(2018_02_03)_1_resized_1 4本の灰色の鉄の円柱で造られた大きな電波塔の写真。 上部には円形の部屋のような部分があり、その外側に右向きに円形のアンテナが取り付けられている。 鉄塔は一部茶色く汚れるなどしている。
https://c1.staticflickr.com/5/4603/25210041697_396fd0e02a_o.png
埼玉県のとある建物の屋上の電波塔です。
少々汚れているようです。

Tower_Kumagaya_(2018_02_03)_2_resized_1 赤色と白色に塗り分けられた電波塔の写真。 細い鉄骨が沢山組み合わさって造られている。 上部には様々なアンテナが設置されている。
https://c1.staticflickr.com/5/4665/26208417828_529f01df3d_o.png
先程の電波塔のある場所から近い場所にある建物の屋上の電波塔です。
とても綺麗です。

nice!(1)  コメント(0) 

今日は伊予柑と獅子唐辛子。 [写真とカメラ]

撮影ボックスによる写真撮影シリーズ。
今日は伊予柑(イヨカン)と獅子唐辛子(シシトウガラシ)を撮影した写真です。

ブログ記事: 100円ショップ材料で撮影ボックスを自作しました。
http://crater.blog.so-net.ne.jp/2018-01-19

Iyokan_(2018_01_30)_1_resized_1 伊予柑を撮影した写真。
https://c1.staticflickr.com/5/4696/39950661712_5901f85b13_o.png
伊予柑です。
前回からですが、光拡散型LED懐中電灯が1灯だったのを2灯に増やして撮影致しました。
撮影は照明が明るいほど良く写ります。
因みに、被写体に撮影者や部屋の中が写り込まないようにする為には、部屋を暗くして撮影ボックス内だけを明るくする必要があります。

Iyokan_(2018_01_30)_2_resized_1 伊予柑を斜め上から撮影した写真。
https://c1.staticflickr.com/5/4618/28202715479_9bbc13a48c_o.png

Shishito Pepper_(2018_01_30)_1_resized_1 獅子唐辛子を撮影した写真。 白色のフェルトの上に緑色の獅子唐辛子が7本横並びに置かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4696/39950661482_7c3870c53b_o.png
7本の獅子唐辛子です。

Shishito Pepper_(2018_01_30)_2_resized_1 獅子唐辛子を撮影した写真。 白色のフェルトの上に緑色の獅子唐辛子が頭を下向きにして7本横並びに置かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4707/39981909141_120c23262c_o.png
逆さにして撮影。

nice!(1)  コメント(0) 

美しきファンレス ヴィデオ カードを撮影した写真。 [写真とカメラ]

撮影ボックスによる写真撮影シリーズ。
今度は美しきファンレス ヴィデオ カードを撮影した写真です。

ブログ記事: 100円ショップ材料で撮影ボックスを自作しました。
http://crater.blog.so-net.ne.jp/2018-01-19

Video Card_(2018_01_26)_1_resized_1 "ZOTAC GeForce GT 240 1GB ZONE Edition" というファンレス ヴィデオ カードを撮影した写真。 正面上方から撮影したもの。 美しいアルミニウム製の分厚いフィンの大型ヒート シンクが搭載されている。
https://c1.staticflickr.com/5/4744/28120528989_003ec94469_o.png
過去にも写真を載せた事がございますが、これは " ZOTAC GeForce GT 240 1GB ZONE Edition " という、私が曾て愛用しておりましたファンレス ヴィデオ カードでございます。
最高に美しい作りの製品であると思います。
薄っすらとヘア ラインが見えるアルミニウム製分厚いフィンのヒート シンクが、堪らなく美麗です。

Video Card_(2018_01_26)_2_resized_1 "ZOTAC GeForce GT 240 1GB ZONE Edition" というファンレス ヴィデオ カードを撮影した写真。 ブラケットを左上向きにして置かれている。 美しいアルミニウム製の分厚いフィンの大型ヒート シンクが搭載されている。
https://c1.staticflickr.com/5/4614/25029414797_10932740f3_o.png
うむ、美しい。
NVIDIAのGPUを搭載しています。

Video Card_(2018_01_26)_3_resized_1 "ZOTAC GeForce GT 240 1GB ZONE Edition" というファンレス ヴィデオ カードを撮影した写真。 ブラケットを上向きにして置かれている。 美しいアルミニウム製の分厚いフィンの大型ヒート シンクが搭載されている。
https://c1.staticflickr.com/5/4628/28120528899_f4f3fdc264_o.png
大型のヒート シンクがどことなく、ガソリン自動車のV12気筒エンジンを連想させます。

Video Card_(2018_01_26)_6_resized_1 "ZOTAC GeForce GT 240 1GB ZONE Edition" というファンレス ヴィデオ カードを撮影した写真。 ブラケットを右下向きにして置かれている。 美しいアルミニウム製の分厚いフィンの大型ヒート シンクが搭載されている。
https://c1.staticflickr.com/5/4700/28120528689_49fd8d5ea7_o.png
大型のヒート シンクの一部はヴィデオ カードの裏面にまで回り込んでいますね。

Video Card_(2018_01_26)_9_resized_1 "ZOTAC GeForce GT 240 1GB ZONE Edition" というファンレス ヴィデオ カードの裏面を撮影した写真。 プリント回路基板上に複雑な配線パターンが見え、多くの素子が実装されている。
https://c1.staticflickr.com/5/4602/28120528559_9878ac5e16_o.png
" ZOTAC GeForce GT 240 1GB ZONE Edition " の裏面です。
どうですか、この美しい配線パターンは。
PCB (Printed Circuit Board / プリント回路基板)上の配線パターンまでも美しい。
表側に実装されたGPUの真裏の場所から放射状に配線が伸び、それぞれの差動信号配線などのインピーダンスや信号の位相を揃える為に短い距離にあるパターンは蛇腹状に作られているのが分かります。

私はこのような美しい製品が好きです。

nice!(0)  コメント(0) 

トルクス ドライヴァーとノギスの写真。 [写真とカメラ]

撮影ボックスによる写真撮影シリーズ。
今度はトルクス ドライヴァーノギスの写真です。

ブログ記事: 100円ショップ材料で撮影ボックスを自作しました。
http://crater.blog.so-net.ne.jp/2018-01-19

Torx Driver_(2018_01_26)_1_resized_1 黄色と暗い灰色のプラスティック製の柄の付いたトルクス ドライヴァーを撮影した写真。 先端を下向きにして置かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4675/28120529149_493a751ecc_o.png
" トルクス ネジ " は、十字穴付きネジなどよりもネジをなめて頭の溝を壊してしまう事故が起き難いようですので、世の中のネジが全て " トルクス ネジ " になって欲しいと私は思います。
因みに、「ネジをなめる」は、「ネジを滑る(なめる)」です。「ネジを舐める」ではありません。

Vernier Caliper_(2018_01_26)_1_resized_1 金属製のノギスを撮影した写真。 ジョウの部分を左向きにして置かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4612/25029415057_e1a860b693_o.png
昔ながらのヴァーニヤ スケールのノギスの写真です。

オンライン百科事典 "Wikipedia" の "ノギス" のページのURL:
https://ja.wikipedia.org/wiki/ノギス

Vernier Caliper_(2018_01_26)_2_resized_1 金属製のノギスのジョウの部分を撮影した写真。 ジョウの部分を左向きにして置かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4607/28120529019_93f45352c7_o.png
ヴァーニヤ目盛のお陰で、1mm幅の主尺に対して0.05mmの精度で測定対象物の寸法を測る事が出来ます。

私は過去に、0.01mm、詰まり10umの計測精度のダイヤル ノギスや、ディジタル ノギスも使用した事がございます。

Vernier Caliper_(2018_01_26)_3_resized_1 金属製のノギスを撮影した写真。 ジョウの部分を右向きにして置かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4716/25029414917_e1bc73caa9_o.png
被測定物の内側、内径を測る為のクチバシは、先が尖っており、刺さると痛そうです。

nice!(0)  コメント(0) 

クリップとビーズの写真。 [写真とカメラ]

次はクリップとプラスティック ビーズを撮影した写真です。

ブログ記事: 100円ショップ材料で撮影ボックスを自作しました。
http://crater.blog.so-net.ne.jp/2018-01-19

Clip_(2018_01_24)_1_resized_1 色とりどりのクリップを撮影した写真。 白色のフェルトの上に纏まって撒かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4745/25023972167_fabe6ffc38_o.png
カラフルなクリップの写真です。
ピンク色が1つしかありませんでした。

Clip_(2018_01_24)_2_resized_1 色とりどりのクリップを撮影した写真。 白色のフェルトの上に纏まって撒かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4655/28114909489_5e8b07ea63_o.png

Bead_(2018_01_26)_1_resized_1 多数のプラスティック製のビーズを撮影した写真。 赤色と白色、紫色と白色、淡いピンク色と白色の3種類のビーズが白色のフェルトの上に纏まって乱雑に置かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4610/39002162015_42e8ec1272_o.png
こちらはプラスティック製のビーズの写真です。
縞模様が可愛らしいです。

Bead_(2018_01_26)_3_resized_1 多数のプラスティック製のビーズを撮影した写真。 赤色と白色、紫色と白色、淡いピンク色と白色の3種類のビーズが白色のフェルトの上に纏まって乱雑に置かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4612/39002161795_bfeebeb26a_o.png

nice!(0)  コメント(0) 

テーブルウェアの写真。 [写真とカメラ]

機械学習用写真を撮影中なのです。

ブログ記事: 100円ショップ材料で撮影ボックスを自作しました。
http://crater.blog.so-net.ne.jp/2018-01-19

Cup_(2018_01_24)_2_resized_1 青色から水色の濃淡のある陶器のカップを撮影した写真。 台と一体化した太くて短い脚に深くて長い容器が付いている。
https://c1.staticflickr.com/5/4748/25023971907_cfdd7a322c_o.png
陶製のカップです。
青色のグラデーションが綺麗です。
この形状のカップは " Mazagran " というものが近いでしょうか。

オンライン百科事典 "Wikipedia" の " Mazagran " のページ(English)のURL:
https://en.wikipedia.org/wiki/Mazagran

Jar_(2018_01_24)_1_resized_1 蓋付きの黄色の陶製の小さな器を撮影した写真。 左右に取っ手が付いている。
https://c1.staticflickr.com/5/4628/28114909309_b8dc859bcb_o.png
蓋付きの陶製の小さな器です。

Jar_(2018_01_24)_2_resized_1 蓋付きの黄色の陶製の小さな器を撮影した写真。 左右に取っ手が付いている。 蓋は開けられて器の縁に斜めにして立て掛けられている。
https://c1.staticflickr.com/5/4697/26022352408_d6704fe215_o.png
このような蓋物は、Englishでは何と言うのでしょうか。
" lidded pottery " とか、 " jar" で宜しいのでしょうか。

Tableware_(2018_01_24)_1_resized_1 白色の陶製のカップを撮影した写真。 円形で背丈がとても短い器である。 赤色と紫色の水玉模様が円周に描かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4604/28114909269_02b7162247_o.png
水玉模様が可愛らしい器です。

nice!(0)  コメント(0) 
前の8件 | - 写真とカメラ ブログトップ