So-net無料ブログ作成

電力量計をスマートメーターに交換されてしまいました。 [その他]

この度、私の自宅に業者の人が来て電力量計をスマート メーターに交換して行きました。

数日前に東京電力パワーグリッド株式会社から従来のアナログ式電力量計をスマート メーターに交換する旨の通知が届きました。

私はスマート メーターというものについてすっかり忘れていたのですが、ウェブで少々調べたところ、一定の時間間隔で電力使用状況に関する情報を電波で電気事業者に送信するものである事、遠隔操作にて電力供給を遮断、再開する事ができるものである事などを知りました。

スマート メーターが通信を行う際に発射する電波が健康問題を引き起こす可能性を指摘する情報もあり、また、プライヴァシー侵害の恐れが強い事を知りました。

プライヴァシー侵害については、家庭内の電力使用量の時間的な変化を業者がモニタリングでき、これを分析することでどの家電製品を何時に使用したかについて把握できます。
エアコンの使用状況、冷蔵庫の容量、TVの視聴時間、PCの使用時間、洗濯機の使用時間、トースターの使用状況などについて分析できる可能性があります。

そこから、世帯構成、起床時刻、朝食の時間、出勤時刻、専業主婦、専業主夫の有無、子供の通学時刻、病人などの看護の有無、家に住人が居ない時間、昼食の時間、帰宅時刻、入浴時間、晩食時間、就寝時刻、旅行など長期外出状況、生活が不規則かどうか、などが分析できる可能性があります。

こうした情報が様々な業者の手に渡って行く可能性があります。

スマートフォンによるプライヴァシーの侵害は深刻な状況である事が知られておりますが、同様にスマート メーターによるプライヴァシーの侵害の懸念があるようです。
そしてそれは個人情報に留まらずに世帯の生活状況に関する情報です。

私は電話で東京電力パワーグリッドに問い合わせました。
以下の回答がありました。

・情報送信の為の電波の発射は、15分に1回である。
・送信する情報は、30分間毎の使用電力量についてのものである。
・発射する電波の強さは現在の携帯電話と同程度である。
・取得した情報については、それまでのアナログ式電力量計の検針によって得られた情報について2年間の保管をしているので、最短でも2年間は消去しない。

私は電波発射とプライヴァシー侵害の懸念を伝え拒否したいと申し出ましたが、同日中に東電から電話があり、平成32年度(2020年)までに全世帯にスマート メーターを導入する方針は国で閣議決定された事であり、健康上の理由でないのであれば交換させて欲しいと言われ、仕方無く応じてしまいました。

業者によるスマート メーターへの交換は停電も無く速やかに行われ、今後は自宅の電力使用状況が電波にて送信され続ける事となりました。

スマート メーターの導入は電気事業者にとっては検針の為の人件費削減ができる事、電力小売全面自由化に際して便利である事、電力のリアルタイムでの変化を把握して電力供給と省エネルギーに役立つ事といった利点があります。
しかしそれと同時に、電波が発射される事と世帯のプライヴァシーが侵害される事といった悪い点があります。

国と電気事業者による半強制的なスマートメーター導入の方針には私は大きな疑問を感じざるを得ません。

nice!(0)  コメント(0) 

究極の汎用光量子コンピューターが発明されました! [テクノロジー]

100万個以上の量子ビットの処理が可能という革命的な光量子コンピューターが発明されました。
発明したのは東京大学 工学系研究科 古澤 明 教授と武田 俊太郎 助教です。
科学技術振興機構(JST)のウェブサイトに分かり易く記載されております。

"科学技術振興機構" のウェブサイト / "共同発表:究極の大規模光量子コンピュータ実現法を発明~1つの量子テレポーテーション回路を繰り返し利用~" のページのURL:
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20170922/index.html

非常に興奮させられます。

現代の一般的なコンピューターで計算に用いられるデジタルなビット" 0 " か " 1 " のどちらか一方の値しか取りません。
原子、イオン、超電導回路、光子といったものを用いて情報処理が行われる量子コンピューターでは、量子ビット (quantum bit / qubit)で情報処理をします。
量子ビットは " 0 " であると同時に " 1 " であるといったような値の量子力学的重ね合わせが可能です。
最終的な確定値は観測により確率的に得られます。
また、複数の量子ビットについて相関を持たせて量子もつれ状態を作る事ができます。
例えば光の素粒子である光子同士を部分透過鏡で干渉させて量子もつれ状態にして置き、光子の一方を遠くへ移動させた後、片方の光子の状態を観測により確率的に確定させると、量子もつれ状態にあるもう一方の遠方の光子の量子状態が同時に確定します。

この量子ビットを用いて量子計算用のアルゴリズムで処理する事により、従来のスーパーコンピューターでさえ膨大な時間を要する計算を一瞬で完了する事も可能だそうです。
特に今回の発表にある光量子コンピューターは汎用量子コンピューターであり、量子アニーリング マシンと違って組合せ最適化問題に限定されずにあらゆる計算が可能だそうです。

今回発表された光量子コンピューターは光子を用いたものである為、極低温や真空環境が必要だった原子やイオンや超電導回路を用いたシステムと異なり、室温で大気中での動作が可能という優れた特徴があります。

また、光パルス列を回路の中で何度も周回させて、1つの量子テレポーテーション装置の演算機能を次々と変更させながら順次処理して行く方式により、情報を載せた光パルス列を何度も処理可能となる為、そのシステムの規模に対して光学部品の規模が抑制される上、計算ステップ数を無制限に増大させて、どれ程大規模な計算でも可能であり、何と1,000,000個以上の量子ビットを何ステップも処理する事さえ可能だそうです。

この発明により、今日までに作られた量子コンピューターとは桁違いの能力を持つ真の汎用量子コンピューターが実現しそうです。

更に驚くべき事に、この光量子コンピューターは、将来的には小型な光チップ上に実装できる可能性さえもあるそうです。
いつかは、スマート フォンのように皆が大規模な量子計算が可能な量子コンピューターを携帯する時代が来るかもしれません。

この究極の汎用量子コンピューターを発明した方はノーベル賞候補として有力である事間違い無しです。

->->
[2017年12月10日追記]
2017年11月20日に、NTT、情報・システム研究機構 国立情報学研究所、東京大学 生産技術研究所、科学技術振興機構などのグループによって、光ファイバーのループと光パラメトリック発振器を用いた量子ニューラル ネットワーク (QNN)方式で、大規模組合せ最適化問題を超高速に解ける量子コンピューターが開発されたと発表されましたが、こちらはシステムの要の部分で量子効果を用いない従来型の半導体集積回路を使用していることから「量子コンピューター」という呼称は当てはまらないとの批判されました。

"国立情報学研究所" のニュース リリース "量子ニューラルネットワークをクラウドで体験/~量子を用いた新しい計算機が使えます~" のURL:
http://www.nii.ac.jp/news/release/2017/1120.html

しかし東京大学 工学系研究科 古澤 明 教授と武田 俊太郎 助教の研究のものは計算部分に量子テレポーテーションを用いており、本物の量子コンピューターであると言えます。
<-<-

nice!(1)  コメント(0) 

HTML5 ウェブ音楽プレイヤーのヴィジュアライザーに改造を施しました。 [音楽再生ウェブ アプリケーション]

自作のウェブ音楽プレイヤーの視覚効果に手を加えました。

JS_Music Player_SS_(2017_09_17)_1_Cropped_1 HTML5 ミュージック プレイヤーのスクリーンショット画像。 黒い背景の上に多数の色とりどりの二重の光る円環があり、円環の中心からその円環と同色の多数の輝く粒子と光線が放出されている。 画面の下方には音楽のスペクトラム アナライザーのヴィジュアライザーが描画されており、垂直の青緑色のバーが多数横方向に並んで伸び縮みしている。 青緑色のバーは明るさと色相に微妙なグラデーションが掛かっている。
https://c1.staticflickr.com/5/4423/37093818902_0d5e8080ff_o.png
音のアクセントがあった時に波紋と花火のような色とりどりの光の粒子が放出されるのですが、これに新たに光線も追加致しました。

JS_Music Player_SS_(2017_09_17)_2_Cropped_1 HTML5 ミュージック プレイヤーのスクリーンショット画像。 黒い背景の上に多数の色とりどりの二重の光る円環があり、円環の中心からその円環と同色の多数の輝く粒子と光線が放出されている。 画面の下方には音楽のスペクトラム アナライザーのヴィジュアライザーが描画されており、垂直の赤紫色のバーが多数横方向に並んで伸び縮みしている。 赤紫色のバーは明るさと色相に微妙なグラデーションが掛かっている。
https://c1.staticflickr.com/5/4340/36451600403_e9ed81e675_o.png

このページに掲載しているスクリーンショット画像は、音楽を再生しながらキーボードを打鍵してスペクトラム アナライザーと視覚効果が描画されている様子です。

キーボードを弾いて奏でられる重低音が凄いですよ。
プレイリスト機能もございます。
ソースコードは公開しております。

ブログ記事: ウェブ音楽プレイヤー
URL: https://applicationprogram.blog.so-net.ne.jp/2019-07-03-1

nice!(0)  コメント(0)