So-net無料ブログ作成

7月10日、参議院議員選挙は悪夢の日となりました。 [邪悪, 政治]

2016年7月10日、参議院議員選挙が行われました。
私は前日に期日前投票へ行って参りました。

まだ選挙結果は全て確定した訳ではございませんが、非常に悪い状況となっております。
憲法の変更を方針に掲げる複数政党の合計である改憲勢力は改憲の発議に必要である、全議席の3分の2議席に近付く勢いとなっているようです。
自民党は今回も圧勝のようです。

->->
[7月11日追記]
改憲勢力が非改選議員と合わせて、憲法改正発議要件を満たす、全議席の3分の2議席を実質的に超えたそうです。
この事により今後の日本は自由と民主主義、そして平和主義が損なわれて行く事になるかもしれません。
<-<-

私は現在の憲法に全く手を加えてはならないなどとは思っておりませんが、少なくとも自民党の草案は非常に危険であり、曾ての昭和の戦争直前への回帰となりかねないと考えておりますので、現在の改憲勢力の主張する様な形での憲法変更は断じて許容出来ません。

平和主義を否定する事は完全に愚かであり、極めて邪悪です。
武力による問題解決など有り得ません。
外交努力と文化交流、自由と民主主義の輸出こそが日本の平和を護るのです。

安倍政権を支持する中心的組織は、過激で抑圧的で国家主義的な思想を掲げる宗教的組織です。

安倍政権の危険な要素としては、マスメディアへの圧力がございます。
大企業、原子力関連企業、組織、建設業界、宗教団体などが安倍政権と組み、マスメディアの自由な報道への圧力を掛けているように見受けられます。

私のブログ記事:
安倍政権になってからの危機的な一連の変化。
http://crater.blog.so-net.ne.jp/2016-03-18-1


"LITERA" の記事 "安倍政権支持を訴える学生団体の正体は「統一教会」だった! 参院選で跋扈する宗教極右のダミー団体、日本会議も…" のURL:
http://lite-ra.com/2016/07/post-2385.html

コメント(2)  トラックバック(0) 

コメント 2

松本

「過激で抑圧的で国家主義的な思想を掲げる宗教的組織です。」
この部分に特に同意します.
特定の価値観を持つものが集まるのは勝手ですけど,おしつけられたらたまらない.ましてや憲法に一方的な価値観が反映されるなど言語道断です.
by 松本 (2016-07-27 10:25) 

Sutraus

松本 様、こんにちは。
コメントを頂きありがとうございます。

仰る通り、押し付けと抑圧が一番の問題だと思います。
私の考えも間違った部分はあるかもしれませんが、その点だけは確かだろうと思います。

私は祖母から戦時中の国家主義教育の話を聞いているため、その当時のような仕組みに戻って欲しくないのです。
中国や北朝鮮のような愛国主義教育も偏狭な価値観を植え付けられてしまう事になるので、やはり愛国主義教育についても警戒しております。

個人個人が深く考え、互いに議論を交わして知識や価値観を共有して行く社会、少数派の人達を排除しない社会が維持されるべきだと思います。
by Sutraus (2016-07-27 17:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0