So-net無料ブログ作成

クリップとビーズの写真。 [写真とカメラ]

次はクリップとプラスティック ビーズを撮影した写真です。

ブログ記事: 100円ショップ材料で撮影ボックスを自作しました。
http://crater.blog.so-net.ne.jp/2018-01-19

Clip_(2018_01_24)_1_resized_1 色とりどりのクリップを撮影した写真。 白色のフェルトの上に纏まって撒かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4745/25023972167_fabe6ffc38_o.png
カラフルなクリップの写真です。
ピンク色が1つしかありませんでした。

Clip_(2018_01_24)_2_resized_1 色とりどりのクリップを撮影した写真。 白色のフェルトの上に纏まって撒かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4655/28114909489_5e8b07ea63_o.png

Bead_(2018_01_26)_1_resized_1 多数のプラスティック製のビーズを撮影した写真。 赤色と白色、紫色と白色、淡いピンク色と白色の3種類のビーズが白色のフェルトの上に纏まって乱雑に置かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4610/39002162015_42e8ec1272_o.png
こちらはプラスティック製のビーズの写真です。
縞模様が可愛らしいです。

Bead_(2018_01_26)_3_resized_1 多数のプラスティック製のビーズを撮影した写真。 赤色と白色、紫色と白色、淡いピンク色と白色の3種類のビーズが白色のフェルトの上に纏まって乱雑に置かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4612/39002161795_bfeebeb26a_o.png

nice!(0)  コメント(0) 

テーブルウェアの写真。 [写真とカメラ]

機械学習用写真を撮影中なのです。

ブログ記事: 100円ショップ材料で撮影ボックスを自作しました。
http://crater.blog.so-net.ne.jp/2018-01-19

Cup_(2018_01_24)_2_resized_1 青色から水色の濃淡のある陶器のカップを撮影した写真。 台と一体化した太くて短い脚に深くて長い容器が付いている。
https://c1.staticflickr.com/5/4748/25023971907_cfdd7a322c_o.png
陶製のカップです。
青色のグラデーションが綺麗です。
この形状のカップは " Mazagran " というものが近いでしょうか。

オンライン百科事典 "Wikipedia" の " Mazagran " のページ(English)のURL:
https://en.wikipedia.org/wiki/Mazagran

Jar_(2018_01_24)_1_resized_1 蓋付きの黄色の陶製の小さな器を撮影した写真。 左右に取っ手が付いている。
https://c1.staticflickr.com/5/4628/28114909309_b8dc859bcb_o.png
蓋付きの陶製の小さな器です。

Jar_(2018_01_24)_2_resized_1 蓋付きの黄色の陶製の小さな器を撮影した写真。 左右に取っ手が付いている。 蓋は開けられて器の縁に斜めにして立て掛けられている。
https://c1.staticflickr.com/5/4697/26022352408_d6704fe215_o.png
このような蓋物は、Englishでは何と言うのでしょうか。
" lidded pottery " とか、 " jar" で宜しいのでしょうか。

Tableware_(2018_01_24)_1_resized_1 白色の陶製のカップを撮影した写真。 円形で背丈がとても短い器である。 赤色と紫色の水玉模様が円周に描かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4604/28114909269_02b7162247_o.png
水玉模様が可愛らしい器です。

nice!(0)  コメント(0) 

カラー ピーマンの写真。 [写真とカメラ]

今回も機械学習用の素材写真シリーズです。

ブログ記事: 100円ショップ材料で撮影ボックスを自作しました。
http://crater.blog.so-net.ne.jp/2018-01-19

Bell Pepper_(2018_01_24)_1_resized_1 カラー ピーマンを撮影した写真。 鮮やかな赤色の瑞々しいピーマンである。 頭を右向きにして置かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4623/28114910739_24a847036d_o.png
カラー ピーマンの写真です。
鮮やかな赤色をしております。

Bell Pepper_(2018_01_24)_2_resized_1 カラー ピーマンを撮影した写真。 鮮やかな赤色の瑞々しいピーマンである。 頭を左下向きにして置かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4711/26022355158_2038271a88_o.png

Bell Pepper_(2018_01_24)_4_resized_1 カラー ピーマンを撮影した写真。 鮮やかな赤色の瑞々しいピーマンである。 頭を左上向きにして置かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4713/26022354948_cfb45d44d4_o.png
野菜や果物というのは、見方によっては艶めかしく見えますね。

Bell Pepper_(2018_01_24)_5_resized_1 カラー ピーマンを撮影した写真。 鮮やかな黄色の瑞々しいピーマンである。 頭を左下向きにして置かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4675/26022354768_5e7ba05ee5_o.png
黄色いピーマンです。

Bell Pepper_(2018_01_24)_7_resized_1 カラー ピーマンを撮影した写真。 鮮やかな黄色の瑞々しいピーマンである。 頭を左上向きにして置かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4623/26022354508_04fa547686_o.png
おいしそうなピーマンです。調理して食べたくなります。

Bell Pepper_(2018_01_24)_8_resized_1 カラー ピーマンを撮影した写真。 鮮やかな黄色の瑞々しいピーマンである。 頭を上向きにして置かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4740/28114910189_2463beb76d_o.png

Bell Pepper_(2018_01_24)_11_resized_1 カラー ピーマンを撮影した写真。 鮮やかな橙色の瑞々しいピーマンである。 頭を左向きにして置かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4711/26022354128_586846f10b_o.png
これはこれは、何とも色っぽく艶めかしい、橙色のピーマンですね。
人の背中から腰、臀部までの曲線のようです。

Bell Pepper_(2018_01_24)_12_resized_1 カラー ピーマンを撮影した写真。 鮮やかな橙色の瑞々しいピーマンである。 頭を左上向きにして置かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4697/28114909969_a347d3b9ae_o.png

Bell Pepper_(2018_01_24)_13_resized_1 カラー ピーマンを撮影した写真。 鮮やかな橙色の瑞々しいピーマンである。 頭を左下向きにして置かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4695/26022353938_b8fdd6112b_o.png
綺麗です。

Bell Pepper_(2018_01_24)_14_resized_1 カラー ピーマンを撮影した写真。 鮮やかな橙色の瑞々しいピーマンである。 頭を下向きにして置かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4759/28114909839_1696f8ecaa_o.png

Bell Pepper_(2018_01_24)_15_resized_1 カラー ピーマンを撮影した写真。 鮮やかな橙色の瑞々しいピーマンである。 頭を正面から近接撮影したもの。
https://c1.staticflickr.com/5/4718/26022353768_7da8eaa602_o.png
膨らんだ唇のようにも見えます。
濡れています。

Bell Pepper_(2018_01_24)_18_resized_1 3色のカラー ピーマンを撮影した写真。 左から順に、橙色、黄色、赤色の瑞々しいピーマンが頭を上向きにして隣接して横並びに置かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4747/26022353478_598ed264f1_o.png
3色のピーマン集合写真です。

Bell Pepper_(2018_01_24)_20_resized_1 3色のカラー ピーマンを撮影した写真。 頭を右下に向けて、左下に橙色、右下に赤色、その上に積まれて黄色の瑞々しいピーマンが置かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4656/28114909599_5ca10b616e_o.png
ピーマンを積んでみました。

nice!(0)  コメント(0) 

小物撮影色々。 [写真とカメラ]

自作の撮影ボックスを使用しての小物撮影に嵌っております。

ブログ記事: 100円ショップ材料で撮影ボックスを自作しました。
http://crater.blog.so-net.ne.jp/2018-01-19

以下の写真は全て撮影後に明るさを調整してあります。

Pen_(2018_01_24)_2_resized_1 ピンク色のデザインのペンを撮影した写真。 シャープペンシルと、赤色と黒色のインクのペンを切り替えられるようになっている。 ペン先を下向きにして置かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4660/28082154719_6fd2c29815_o.png
ピンク色のデザインのペンです。
シャープペンシルと、赤色と黒色のインクのペンを切り替えられるようになっています。
Canonのロゴ マークが描かれていますね。

Pen_(2018_01_24)_3_resized_11 ピンク色のデザインのペンを撮影した写真。 シャープペンシルと、赤色と黒色のインクのペンを切り替えられるようになっている。 ペン先を左下向きにして置かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4744/28082154599_8ab0dc7126_o.png
写真の見栄えはいかがでしょうか。

Red Pen_(2018_01_24)_2_resized_11 赤色インクのペンを撮影した写真。 ペンのデザインは鮮やかな赤色である。 横向きに置かれている。 左側が中字用、右側が細字用となっている。
https://c1.staticflickr.com/5/4714/28082154399_aec39f5714_o.png
赤ペンです。

Scissors_(2018_01_24)_1_resized_1 鋏を撮影した写真。 刃は茶色に塗装されている。 刃は閉じられて刃先を左下向きにして置かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4678/28082154129_cea7bef984_o.png
前回とはまた別の鋏です。

Scissors_(2018_01_24)_2_resized_1 鋏を撮影した写真。 刃は茶色に塗装されている。 刃は開かれて刃先を下向きにして置かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4622/28082154009_5d42f76695_o.png

Scissors_(2018_01_24)_5_resized_1 鋏を撮影した写真。 刃は茶色に塗装されている。 刃は開かれて刃先を左上向きにして置かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4724/28082153759_94169b2519_o.png

Scissors_(2018_01_24)_6_resized_1 鋏を撮影した写真。 柄は水色と黒色のプラスチック製で、刃はステンレス鋼製である。 刃は閉じられて刃先を下向きにして置かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4719/28082153699_fdf10292e4_o.png
こちらはKOKUYOの粘着テープを切る用の鋏です。
刃に粘着テープがくっ付き難く出来ています。

Scissors_(2018_01_24)_9_resized_1 鋏を撮影した写真。 柄は水色と黒色のプラスチック製で、刃はステンレス鋼製である。 刃は開かれて刃先を右下向きにして置かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4719/28082153419_b481f1ce4e_o.png

Scissors_(2018_01_24)_11_resized_1 鋏を撮影した写真。 柄は水色と黒色のプラスチック製で、刃はステンレス鋼製である。 刃は開かれて刃先を左下向きにして置かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4767/28082153259_11c0bedf2f_o.png

使用したカメラは " Panasonic LUMIX DMC-TX1 " というコンパクト ディジタル カメラです。

nice!(0)  コメント(0) 

撮影に慣れて来ました。 [写真とカメラ]

今回も自作の撮影ボックスを使って撮影した写真を掲載させて頂きます。

ブログ記事: 100円ショップ材料で撮影ボックスを自作しました。
http://crater.blog.so-net.ne.jp/2018-01-19

以下の写真は全て撮影後に明るさを調整してあります。

Amethyst_(2018_01_23)_1_resized_1 紫水晶の結晶の塊を撮影した写真。
https://c1.staticflickr.com/5/4715/28067052559_e3ddd2ae8a_o.png
綺麗な紫水晶の結晶の塊です。
小物撮影のコツが掴めて来たので少し見栄え良く撮影できるようになりました。

Amethyst_(2018_01_23)_2_resized_1 紫水晶の結晶の塊を撮影した写真。
https://c1.staticflickr.com/5/4742/39846334211_4f6a4efcdd_o.png
中央1点フォーカス、中央1点測光で明る目に撮影致しました。

Amethyst_(2018_01_23)_3_resized_1 紫水晶の結晶の塊を撮影した写真。
https://c1.staticflickr.com/5/4678/28067052429_a753782b2b_o.png
紫水晶は長年部屋に飾ってあって少々汚れていたのでブラシを使用して洗浄してから撮影致しました。

Ballpoint Pen_(2018_01_23)_1_resized_1 5色5本のボールペンを撮影した写真。 ボールペンの半透明の筒に色付きインクが透けて見えている。
https://c1.staticflickr.com/5/4757/28067052329_45525053e2_o.png
実はこの色付きボールペンはとても古いものです。
恐らく10数年前に買ったものだったと思います。

Needle-Nose Pliers_(2018_01_23)_1_resized_1 ラジオペンチを撮影した写真。
https://c1.staticflickr.com/5/4723/28067052649_5a2650b8da_o.png
ラジオペンチの先が錆びているのは、昔私が電子基板上の配線の際にこのラジオペンチを使用して半田ごての熱を伝わらせてしまったせいです。

Hourglass_(2018_01_23)_1_resized_1 木とガラスでできた砂時計を撮影した写真。 流れ落ちている砂はピンク色をしている。
https://c1.staticflickr.com/5/4678/38947440945_6533d1efaf_o.png
この砂時計もとても古く、恐らく20年ほど前に買ったものです。

Hourglass_(2018_01_23)_3_resized_1 木とガラスでできた砂時計を撮影した写真。 流れ落ちている砂はピンク色をしている。
https://c1.staticflickr.com/5/4708/38947440845_f5e48059c7_o.png

Hourglass_(2018_01_23)_4_resized_1
https://c1.staticflickr.com/5/4650/28067051599_36dd600550_o.png

Scissors_(2018_01_23)_1_resized_1 鋏を撮影した写真。 絵は茶色いプラスティック製で刃はチタニウムの塗装が施されて黄土色をしている。 刃は閉じて下向きに置かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4701/28067051479_e1660c8c88_o.png
チタニウム塗装が施された刃を持つ鋏です。

Scissors_(2018_01_23)_3_resized_1 鋏を撮影した写真。 絵は茶色いプラスティック製で刃はチタニウムの塗装が施されて黄土色をしている。 刃は開いて下向きに置かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4770/28067052099_6aba087771_o.png
昔の鋏と違い、今時の鋏は刃が湾曲しており、紙などをとても切り易くなりましたね。

Scissors_(2018_01_23)_5_resized_1 鋏を撮影した写真。 絵は茶色いプラスティック製で刃はチタニウムの塗装が施されて黄土色をしている。 刃は開いて左上向きに置かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4612/28067051899_3e3dcb5b2f_o.png

Video Card_(2018_01_23)_1_resized_1 "Palit" のヴィデオ カードである "GeForce 9400GT Super" を撮影した写真。 ファンは無く、黒い多数の板が連なった形状のヒート シンクが搭載されている。 ブラケットを左側にして置かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4628/28067051079_8898ee7cbe_o.png
私が曾て使用していた、Palit社のファンレス ヴィデオ カードである " GeForce 9400GT Super " の写真です。
見た目が格好良かったので部屋に飾っておりました。
同様に、更に見た目が美しい " ZOTAC GeForce GT 240 1GB ZONE Edition " も部屋に飾ってあります。

Video Card_(2018_01_23)_4_resized_1 "Palit" のヴィデオ カードである "GeForce 9400GT Super" を撮影した写真。 ファンは無く、黒い多数の板が連なった形状のヒート シンクが搭載されている。 上下逆で右が下がった向きで置かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4709/28067050719_9ef299e3ed_o.png

Video Card_(2018_01_23)_5_resized_1 "Palit" のヴィデオ カードである "GeForce 9400GT Super" を撮影した写真。 ファンは無く、黒い多数の板が連なった形状のヒート シンクが搭載されている。 90度左回転した向きに置かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4762/39846333171_24baf7db82_o.png

使用したカメラはいつもの " Panasonic LUMIX DMC-TX1 " という高倍率ズームのコンパクト ディジタル カメラです。

昨夜は大雪でした。
雪は20cm以上は積もっていたように思います。
私は庭木の雪を落とし、道路の雪掻きを致しましたので大分疲れました。
雪国にお住まいの方は、たったの20cmで何の騒ぎだよと思われるかもしれませんね。

nice!(0)  コメント(0) 

3DCG ツール、Blenderと "ManuelbastioniLAB 1.6.1" で人物モデル作成。 [ソフトウェア]

長い歴史を持つ、優秀なオープン ソースの3DCG ツールである " Blender " のアドオンに、 " ManuelbastioniLAB " というものがある事を私は昨日知りました。

この無料で利用可能なアドオンは3DCGのど素人でも、各種パラメーターのスライダーを動かすだけで、簡単に多種多様な人物モデルを作成できるという優れものだそうで。
これの最新版である " ManuelbastioniLAB version 1.6.1 " では更に機能に磨きが掛かり、加えて髪まで付属しているとの事。

早速Ubuntu PCで試してみました。
因みにBlenderとManuelbastioniLABはマルチプラットフォーム対応で、Linux, Mac, Windowsの各OSに対応しています。

まず、Blender公式ウェブサイトから " Blender 2.79 " をダウンロード致しました。

"Blender" の公式ウェブサイトのURL:
https://blender.jp/

続いてManuelbastioniLABの公式ウェブサイトから " ManuelbastioniLAB version 1.6.1 " をダウンロード致しました。

"ManuelbastioniLAB" の公式ウェブサイトのURL:
http://www.manuelbastioni.com/manuellab.php

ダウンロードしたBlenderを起動して " User Preferences " タブから " Add-ons " タブを選択し、 " Install Add-on from File... " で、 " ManuelbastioniLAB version 1.6.1 " の圧縮ファイルを選択するとアドオンが追加されます。
幾つかの初期設定をして、直ぐにモデル作成を始める事ができました。
具体的なモデルの作成の仕方につきましては、詳しく解り易く解説して下さっている他所様のウェブサイトを御覧下さいませ。

結果だけ載せます。
Blender_SS_(2018_01_22)_1_edited_1 3DCG ソフトウェアである "Blender" のスクリーンショット画像。 編集画面に女性の上半身の3DGC画像が表示されている。

Human_Blender_1上半身の3DGC画像が表示されている。
実際は手足の先、爪の先まで作られております。
色々パラメーターを弄りましたが、目の周りなどにリアリティーを出す事はできませんでした。
付属している髪型も、まあそこそこ、といったところ。

" Wikihuman " くらいフォトリアリスティックな人物モデルが作成できたらもっと素晴らしいのですが。

"Wikihuman" のウェブサイトのURL:
http://www.wikihuman.org/index.php/work-in-progress/

インターネット検索で調べてみたところ、フォトリアリスティックと言えるような3D人物モデルは何と10,000円以上の値段で販売されていたりするようです。

一方、ManuelbastioniLABで作成できるモデルの顔などはリアリティーは余り高くはありませんが、無料で使わせて頂けて、これほど簡単にモデルが作成できるのですから素晴らしいものです。
このモデルを元にBlenderで更に作り込んで行く事もできる訳です。

何より、作成したモデルには自動的にInverse Kinematicsに対応したリグが組み込まれ、自在に高度なポージングができ、しかも髪型や衣服のモデルをそれにフィットさせる機能が搭載されているのが凄いところです。

レンダリングもCyclesというパストレーサーに対応していますし、ファイルを書き出して他のゲーム エンジンにインポートする事もできるそうです。

nice!(0)  コメント(0) 

今度はバナナだ! [写真とカメラ]

今回も自作撮影ボックスで撮影した写真です。

ブログ記事: 100円ショップ材料で撮影ボックスを自作しました。
http://crater.blog.so-net.ne.jp/2018-01-19

Banana_(2018_01_20)_2_resized_1 黄色いバナナの写真。 先が右を向いて3本が繋がっている。 白色のフェルトの上に置かれている。 茶色い斑点がある。
https://c1.staticflickr.com/5/4676/39768691182_7ea51be007_o.png
見ての通り、バナナです。

Banana_(2018_01_20)_5_resized_1 黄色いバナナの写真。 先が右を向いて3本が繋がっている。 白色のフェルトの上に置かれている。 茶色い斑点がある。
https://c1.staticflickr.com/5/4630/39800425711_aff86f8dd3_o.png
茶色の斑点が現れて甘くなって来たところです。

Banana_(2018_01_20)_6_resized_1 黄色いバナナの写真。 先が左を向いて3本が繋がっている。 白色のフェルトの上に置かれている。 茶色い斑点がある。
https://c1.staticflickr.com/5/4665/28022082229_dfa5681481_o.png
このバナナを食したところ、甘さは充分でしたが、残念ながら少々渋みがありました。

撮影ボックスが大き目ですと、このように幾本も繋がったままのバナナのようなやや大きなものを撮影する事ができます。
夜中やや暗い部屋で、高倍率ズームのコンパクト ディジタル カメラ手持ちで撮影したにしては満足に撮れました。

nice!(0)  コメント(0) 

ピーマンと椪柑。 [写真とカメラ]

先日のブログ記事に書いた自作の撮影ボックスで、今回も写真を撮影致しました。

ブログ記事: 100円ショップ材料で撮影ボックスを自作しました。
http://crater.blog.so-net.ne.jp/2018-01-19

使用したカメラは今回も " Panasonic LUMIX DMC-TX1 " という高倍率ズームのコンパクト ディジタル カメラです。

Bell Pepper_(2018_01_19)_1_resized_1 緑色の瑞々しいピーマンを撮影した写真。 白いフェルトの背景の上に、頭を斜め左上向きにして置かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4723/28005395199_2efc57bc45_o.png
ピーマンです。
EnglishではBell Pepper
ピーマンはとてもおいしいですよね。

Bell Pepper_(2018_01_19)_2_resized_1 緑色の瑞々しいピーマンを撮影した写真。 白いフェルトの背景の上に、頭を左向きにして置かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4750/28005394899_677261b05f_o.png
カメラの感度を下げて露出を上げるとシャッター速度が下がり、手持ち撮影では手振れし易くなりますが、色ノイズが減って明るい写真が撮れます。

Bell Pepper_(2018_01_19)_3_resized_1 緑色の瑞々しいピーマンを撮影した写真。 白いフェルトの背景の上に、頭を手前側にして置かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4669/24913713657_b561b03b83_o.png

Bell Pepper_(2018_01_19)_4_resized_1 緑色の瑞々しいピーマンを撮影した写真。 白いフェルトの背景の上に、頭を斜め右上向きにして置かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4653/39783765381_48158dd0f1_o.png
何となくこのピーマンは左上を向いた人の顔に見えませんか。

Bell Pepper_(2018_01_19)_5_resized_1 緑色の瑞々しい細長いピーマンを撮影した写真。 白いフェルトの背景の上に、頭を上向きにして置かれている。
https://c1.staticflickr.com/5/4616/24913713537_a142639663_o.png
ピーマンばかりで、どうもすみません。

Ponkan_(2018_01_19)_1_resized_1 橙色の椪柑を近接撮影した写真。
https://c1.staticflickr.com/5/4650/28005394629_e5f498854e_o.png
椪柑(ポンカン)の写真です。
この写真のみ撮影後に明るさを上げました。

nice!(1)  コメント(0)