So-net無料ブログ作成

"Firefox Quantum" (Firefox 57)が凄く速い! [ソフトウェア]

私はUbuntu PCを使用するようになってから、大手企業に全てを依存したくないという理由でMozilla Foundationが開発するFirefox ウェブ ブラウザーを利用させて頂いております。

この度、 " Firefox Quantum " (Firefox 57)が11月14日の正式リリースの前にベータ版と開発者版(Developer Edition)がリリースされました。

"Firefox Quantum Developer Edition" の公式ウェブ ページのURL:
https://www.mozilla.org/ja/firefox/developer/

インターネット上では実際にこれを試してみたユーザー達からの賛辞が溢れ、1年前と比べて2倍に高速化され、競合のブラウザーよりも大幅にメイン メモリーの使用量が少ないといった謳い文句が決して誇大ではない事が認められているようです。

私はその様な好評化を沢山目にしましたので、実際に私もこの " Firefox Quantum " をダウンロードして試してみる事に致しました。

Firefox Quantum SS_(2017_10_01)_1 "Firefox Quantum" のスクリーンショット画像。 ウェブ音楽プレイヤーを表示している。 黒を基調とした画面に幾つもの色とりどりの光る円輪が広がり、そこから色とりどりの光る粒子が飛び交い、画面下方には水色の縦長のバーが横に連なりスペクトラム アナライザーを描画している。
https://c1.staticflickr.com/5/4358/37172446670_3180c86a0f_o.png
ダウンロードした " Firefox Quantum " (Firefox 57) Developer Editionでユーザー インターフェイス (GUI)をカスタマイズした状態で自作のウェブ音楽プレイヤーのページを表示しているところのスクリーンショット画像です。

Firefox Quantum SS_(2017_10_02)_1 "Firefox Quantum" のスクリーンショット画像。 ウェブ音楽プレイヤーを表示している。 黒を基調とした画面に水色の光る円輪が二重に広がり、そこから水色の光る粒子が放出されている。 画面左端にはUbuntuのGUI ラウンチャーが表示され、Firefox Quantum Developer Editionのロゴ画像が見える。

ブラウザーのGUIはテーマを幾らでも変更でき、色や模様や絵柄を自分好みのものに変えられます。
私は開発者版の既定の設定のまま、黒を基調としたテーマを使用しております。

ボタンやブックマーク ツールバーは自分好みに配置を変えました。
UI密度を " コンパクト " に設定すると更にGUIがスッキリとし、ページの表示領域が広くなります。
前のヴァージョンよりも表示領域が拡大しました。

Firefox Quantumのパフォーマンスですが、さすがに凄まじく速いですし、軽いです。
メモリーの使用量が少なくて済み、ウェブ ページの表示は正に一瞬で終わります。
リンクをクリックした瞬間に次のページが表示されます。
取り分け体感速度が速くてサクサクとページを渡り歩けます。
雑誌のページを捲る位の感覚です。

更に自作のHTML5製ウェブ音楽プレイヤーまで動作が軽くなりました。

加えて、Firefoxはセキュリティーの安全性が高いと言われております。

ところで、Firefox Quantumではページを後で読むポケット機能やFirefox アカウントによる複数デヴァイス連携サーヴィス、スクリーンショット画像のアップロード サーヴィスなど、機能やサーヴィスが充実している分、ユーザーの情報を送信する機会が多くなりますので、私のようにプライヴァシーを大事にする人はそれらのサーヴィスの利用は控え、クラッシュ レポートなども送信しないよう設定すべきです。

何はともあれ、Firefox Quantumは最高のウェブ ブラウザーと言って間違いないと思います。
特段の事情が無い限り、これから使うべきはFirefox Quantumで決まりです!

nice!(0)  コメント(0) 

電力量計をスマートメーターに交換されてしまいました。 [その他]

この度、私の自宅に業者の人が来て電力量計をスマート メーターに交換して行きました。

数日前に東京電力パワーグリッド株式会社から従来のアナログ式電力量計をスマート メーターに交換する旨の通知が届きました。

私はスマート メーターというものについてすっかり忘れていたのですが、ウェブで少々調べたところ、一定の時間間隔で電力使用状況に関する情報を電波で電気事業者に送信するものである事、遠隔操作にて電力供給を遮断、再開する事ができるものである事などを知りました。

スマート メーターが通信を行う際に発射する電波が健康問題を引き起こす可能性を指摘する情報もあり、また、プライヴァシー侵害の恐れが強い事を知りました。

プライヴァシー侵害については、家庭内の電力使用量の時間的な変化を業者がモニタリングでき、これを分析することでどの家電製品を何時に使用したかについて把握できます。
エアコンの使用状況、冷蔵庫の容量、TVの視聴時間、PCの使用時間、洗濯機の使用時間、トースターの使用状況などについて分析できる可能性があります。

そこから、世帯構成、起床時刻、朝食の時間、出勤時刻、専業主婦、専業主夫の有無、子供の通学時刻、病人などの看護の有無、家に住人が居ない時間、昼食の時間、帰宅時刻、入浴時間、晩食時間、就寝時刻、旅行など長期外出状況、生活が不規則かどうか、などが分析できる可能性があります。

こうした情報が様々な業者の手に渡って行く可能性があります。

スマートフォンによるプライヴァシーの侵害は深刻な状況である事が知られておりますが、同様にスマート メーターによるプライヴァシーの侵害の懸念があるようです。
そしてそれは個人情報に留まらずに世帯の生活状況に関する情報です。

私は電話で東京電力パワーグリッドに問い合わせました。
以下の回答がありました。

・情報送信の為の電波の発射は、15分に1回である。
・送信する情報は、30分間毎の使用電力量についてのものである。
・発射する電波の強さは現在の携帯電話と同程度である。
・取得した情報については、それまでのアナログ式電力量計の検針によって得られた情報について2年間の保管をしているので、最短でも2年間は消去しない。

私は電波発射とプライヴァシー侵害の懸念を伝え拒否したいと申し出ましたが、同日中に東電から電話があり、平成32年度(2020年)までに全世帯にスマート メーターを導入する方針は国で閣議決定された事であり、健康上の理由でないのであれば交換させて欲しいと言われ、仕方無く応じてしまいました。

業者によるスマート メーターへの交換は停電も無く速やかに行われ、今後は自宅の電力使用状況が電波にて送信され続ける事となりました。

スマート メーターの導入は電気事業者にとっては検針の為の人件費削減ができる事、電力小売全面自由化に際して便利である事、電力のリアルタイムでの変化を把握して電力供給と省エネルギーに役立つ事といった利点があります。
しかしそれと同時に、電波が発射される事と世帯のプライヴァシーが侵害される事といった悪い点があります。

国と電気事業者による半強制的なスマートメーター導入の方針には私は大きな疑問を感じざるを得ません。

nice!(0)  コメント(0) 

究極の汎用光量子コンピューターが発明されました! [テクノロジー]

100万個以上の量子ビットの処理が可能という革命的な光量子コンピューターが発明されました。
発明したのは東京大学 工学系研究科 古澤 明 教授と武田 俊太郎 助教です。
科学技術振興機構(JST)のウェブサイトに分かり易く記載されております。

"科学技術振興機構" のウェブサイト / "共同発表:究極の大規模光量子コンピュータ実現法を発明~1つの量子テレポーテーション回路を繰り返し利用~" のページのURL:
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20170922/index.html

非常に興奮させられます。

現代の一般的なコンピューターで計算に用いられるデジタルなビット" 0 " か " 1 " のどちらか一方の値しか取りません。
原子、イオン、超電導回路、光子といったものを用いて情報処理が行われる量子コンピューターでは、量子ビット (quantum bit / qubit)で情報処理をします。
量子ビットは " 0 " であると同時に " 1 " であるといったような値の量子力学的重ね合わせが可能です。
最終的な確定値は観測により確率的に得られます。
また、複数の量子ビットについて相関を持たせて量子もつれ状態を作る事ができます。
例えば光の素粒子である光子同士を部分透過鏡で干渉させて量子もつれ状態にして置き、光子の一方を遠くへ移動させた後、片方の光子の状態を観測により確率的に確定させると、量子もつれ状態にあるもう一方の遠方の光子の量子状態が同時に確定します。

この量子ビットを用いて量子計算用のアルゴリズムで処理する事により、従来のスーパーコンピューターでさえ膨大な時間を要する計算を一瞬で完了する事も可能だそうです。
特に今回の発表にある光量子コンピューターは汎用量子コンピューターであり、量子アニーリング マシンと違って組合せ最適化問題に限定されずにあらゆる計算が可能だそうです。

今回発表された光量子コンピューターは光子を用いたものである為、極低温や真空環境が必要だった原子やイオンや超電導回路を用いたシステムと異なり、室温で大気中での動作が可能という優れた特徴があります。

また、光パルス列を回路の中で何度も周回させて、1つの量子テレポーテーション装置の演算機能を次々と変更させながら順次処理して行く方式により、情報を載せた光パルス列を何度も処理可能となる為、そのシステムの規模に対して光学部品の規模が抑制される上、計算ステップ数を無制限に増大させて、どれ程大規模な計算でも可能であり、何と1,000,000個以上の量子ビットを何ステップも処理する事さえ可能だそうです。

この発明により、今日までに作られた量子コンピューターとは桁違いの能力を持つ真の汎用量子コンピューターが実現しそうです。

更に驚くべき事に、この光量子コンピューターは、将来的には小型な光チップ上に実装できる可能性さえもあるそうです。
いつかは、スマート フォンのように皆が大規模な量子計算が可能な量子コンピューターを携帯する時代が来るかもしれません。

この究極の汎用量子コンピューターを発明した方はノーベル賞候補として有力である事間違い無しです。

->->
[2017年12月10日追記]
2017年11月20日に、NTT、情報・システム研究機構 国立情報学研究所、東京大学 生産技術研究所、科学技術振興機構などのグループによって、光ファイバーのループと光パラメトリック発振器を用いた量子ニューラル ネットワーク (QNN)方式で、大規模組合せ最適化問題を超高速に解ける量子コンピューターが開発されたと発表されましたが、こちらはシステムの要の部分で量子効果を用いない従来型の半導体集積回路を使用していることから「量子コンピューター」という呼称は当てはまらないとの批判されました。

"国立情報学研究所" のニュース リリース "量子ニューラルネットワークをクラウドで体験/~量子を用いた新しい計算機が使えます~" のURL:
http://www.nii.ac.jp/news/release/2017/1120.html

しかし東京大学 工学系研究科 古澤 明 教授と武田 俊太郎 助教の研究のものは計算部分に量子テレポーテーションを用いており、本物の量子コンピューターであると言えます。
<-<-

nice!(1)  コメント(0) 

HTML5 ウェブ音楽プレイヤーのヴィジュアライザーに改造を施しました。 [音楽再生ウェブ アプリケーション]

自作のウェブ音楽プレイヤーの視覚効果に手を加えました。

JS_Music Player_SS_(2017_09_17)_1_Cropped_1 HTML5 ミュージック プレイヤーのスクリーンショット画像。 黒い背景の上に多数の色とりどりの二重の光る円環があり、円環の中心からその円環と同色の多数の輝く粒子と光線が放出されている。 画面の下方には音楽のスペクトラム アナライザーのヴィジュアライザーが描画されており、垂直の青緑色のバーが多数横方向に並んで伸び縮みしている。 青緑色のバーは明るさと色相に微妙なグラデーションが掛かっている。
https://c1.staticflickr.com/5/4423/37093818902_0d5e8080ff_o.png
音のアクセントがあった時に波紋と花火のような色とりどりの光の粒子が放出されるのですが、これに新たに光線も追加致しました。

JS_Music Player_SS_(2017_09_17)_2_Cropped_1 HTML5 ミュージック プレイヤーのスクリーンショット画像。 黒い背景の上に多数の色とりどりの二重の光る円環があり、円環の中心からその円環と同色の多数の輝く粒子と光線が放出されている。 画面の下方には音楽のスペクトラム アナライザーのヴィジュアライザーが描画されており、垂直の赤紫色のバーが多数横方向に並んで伸び縮みしている。 赤紫色のバーは明るさと色相に微妙なグラデーションが掛かっている。
https://c1.staticflickr.com/5/4340/36451600403_e9ed81e675_o.png

このページに掲載しているスクリーンショット画像は、音楽を再生しながらキーボードを打鍵してスペクトラム アナライザーと視覚効果が描画されている様子です。

キーボードを弾いて奏でられる重低音が凄いですよ。
プレイリスト機能もございます。
ソースコードは公開しております。

ブログ記事: "ウェブ音楽プレイヤー"
URL: http://musicvisualizer.blog.so-net.ne.jp/2017-06-26

nice!(0)  コメント(0) 

さいたま市宇宙劇場でプラネタリウム上映を観て来ました。 [日常]

2017年8月29日、埼玉県さいたま市大宮駅近くの " さいたま市宇宙劇場 " でプラネタリウムの " 星空散歩 " という上映を観て来ました。

さいたま市宇宙劇場では2017年4月1日の上映からプラネタリウムのプロジェクターが新型に更新されております。
新たな投影システムは、星空投影専用の " CHIRON III " (ケイロン III)と、ディジタル映像投影用にJVCケンウッド社製e-shift 8K解像度プロジェクターを2台使用する " VIRTUARIUM II " (バーチャリウム II)だそうです。

私はシステムが新しくなってから訪れたのは2度目です。


さいたま市宇宙劇場 コイン オービター 2017_08_29 投稿者 Hard_Solid_Bass
プラネタリウム施設の入口付近で懐かしい " コイン オービター " に10円硬貨を投入して遊びました。
私が少年時代にも同じ場所にあり、何度も遊んだ記憶がございます。
ポテンシャル エネルギー、運動エネルギー、重力、ブラック ホール、星の運動を想像出来ます。

当日のさいたま市宇宙劇場の18時からのプラネタリウム上映は、大谷さんという解説員の方が星空の解説をして下さいました。
特別に最後の14分間をディジタル映像投影用のプロジェクター 2台の電源を切り星空投影専用のCHIRON IIIのみを使用することにより、漆黒の闇を再現した最高のコントラストでの上映をして下さいました。
この14分間はクラシック音楽のボレロを流しながら、春夏秋冬の星空をゆっくりと回転させながら見せて下さいました。
コントラストが高く、暗闇に吸い込まれそうでした。
また、私は今回、上映ドームの最後方よりもやや前の方の座席に着きましたので、天を見上げると星が降って来る様な錯覚さえ感じる程の美しい光景でした。

プラネタリウムってとっても良いですね。

"株式会社 五藤光学研究所" のプレス リリースのページのURL:
http://www.goto.co.jp/news/20170403/

"さいたま市宇宙劇場" の公式ウェブサイトのURL:
http://www.ucyugekijo.jp/

nice!(2)  コメント(0) 

自作のウェブ音楽プレイヤーを微改造致しました。 [音楽再生ウェブ アプリケーション]

自作のウェブ音楽プレイヤーに少々手を加えました。
JS_Music Player_SS_(2017_08_01)_1_Cropped_1 HTML5 ミュージック プレイヤーのスクリーンショット画像。 黒い背景の上に多数の色とりどりの二重の光る円環があり、円環の中心からその円環と同色の多数の輝く粒子が放出されている。 画面の下方には音楽のスペクトラム アナライザーのヴィジュアライザーが描画されており、垂直の紫色のバーが多数横方向に並んで伸び縮みしている。 紫色のバーは明るさ色相に微妙なグラデーションが掛かっている。
https://c1.staticflickr.com/5/4305/35502920313_e252aa8d90_o.png
少々派手目にデザイン致しました。

JS_Music Player_SS_(2017_08_01)_2_Cropped_1 HTML5 ミュージック プレイヤーのスクリーンショット画像。 黒い背景の上に多数の色とりどりの二重の光る円環があり、円環の中心からその円環と同色の多数の輝く粒子が放出されている。 画面の下方には音楽のスペクトラム アナライザーのヴィジュアライザーが描画されており、垂直の青色のバーが多数横方向に並んで伸び縮みしている。 青色のバーは明るさ色相に微妙なグラデーションが掛かっている。
https://c1.staticflickr.com/5/4329/36310119965_2306d6f0b0_o.png
具体的には、スペクトラム アナライザーのヴィジュアライザーの色について、以前は青一色で固定だったのですが、時間と共に様々な色に変化して行くように変更致しました。
また、明るさの変化の仕方も修正致しました。

人それぞれ色の好みなどがあり、このようなデザインは好みではない方も居らっしゃるかもしれませんが、私の感覚で作成致しました。

このページに掲載しているスクリーンショット画像は、音楽を再生しながらキーボードを打鍵して沢山の波紋が広がり、多数の粒子が四方八方に飛び散っている様子を記録したものです。

ブログ記事: "ウェブ音楽プレイヤー"
URL: http://musicvisualizer.blog.so-net.ne.jp/2017-06-26

nice!(3)  コメント(0) 

ウェブサイトを一括で全部ダウンロードする方法。 [ウェブサイトをダウンロードする方法]

最も簡単に任意のウェブサイトを全部ダウンロードして保存する方法です。
勿論、使用するのは " wget " コマンドです。
wget コマンドはCUIから利用可能で、ウェブサイトのリンクを辿りながらページや画像などのコンテンツをダウンロードして保存したり出来る便利な機能です。
wgetがインストールされていない場合はまずwgetをインストールして置いて下さい。

以下に、写真投稿サーヴィスのFlickrから静的に画像が貼られたウェブサイトをダウンロードするコマンドの例を示します。
wget -r -l 3 -k -p -w 1 --random-wait \
--reject-regex='_o.png|_o.jpg' \
-H -D xxxx.xxxx.jp,\
c1.staticflickr.com,c2.staticflickr.com,c3.staticflickr.com,c4.staticflickr.com,c5.staticflickr.com,c6.staticflickr.com,c7.staticflickr.com,c8.staticflickr.com,c9.staticflickr.com,\
farm1.staticflickr.com,farm2.staticflickr.com,farm3.staticflickr.com,farm4.staticflickr.com,farm5.staticflickr.com,farm6.staticflickr.com,farm7.staticflickr.com,farm8.staticflickr.com,farm9.staticflickr.com \
http://xxxx.xxxx.jp/ \
-P ./download/site001/


[使用したオプションと引数の説明]
-r
ハイパーリンクを辿って再帰的にダウンロードします。既定値では5階層まで辿ります。

-l 3
再帰的に辿るリンクの階層数を指定した数に制限します。例では3回分のハイパーリンクを辿ります。

-k
ダウンロードが完了した後に、ファイル内に記述されているURLを、ローカルで閲覧するのに適したものに変換します。

-p
ウェブ ページを正しく表示するのに必要なファイルを全てダウンロードします。インラインの画像ファイル、音声ファイル、参照されるスタイルシートなどです。

-w 1
リクエスト毎に指定の秒数待ちます。例ではリクエスト間隔を1秒に設定しました。

--random-wait
リクエスト間隔を指定秒数の0.5倍から1.5倍の間で変化させる事により、ウェブサイトから遮断される事を回避します。

--reject-regex='_o.png|_o.jpg'
正規表現によって条件に合致するURLを弾きます。この例では " _o.png " という文字列を持つファイルと、 " _o.jpg " という文字列を持つファイルを弾きます。

-H
外部のドメインからもファイルをダウンロードします。

-D xxxx.xxxx.jp,c1.staticflickr.com,....
ファイルをダウンロードするドメインを限定します。複数のドメインを指定する際にはコンマ (,)で区切って列挙します。

http://xxxx.xxxx.jp/
ダウンロード対象の起点となる任意のURLを指定します。

-P ./download/site001/
ダウンロードしたファイルを保存するディレクトリー (フォルダー)を指定します。


この例のウェブサイトではページ内に、写真投稿サーヴィスのFlickrにアップロードされている画像を " <img> " タグで表示しています。
これらの静的にリンクされた画像も保存したいので、ダウンロード対象のウェブサイトのドメインに加えて、Flickrの画像データが置かれているドメインである " c1.staticflickr.com " から " c9.staticflickr.com " と " farm1.staticflickr.com " から " farm9.staticflickr.com " を、 " -H -D " に続けてコンマで区切って指定致します。

また、オリジナル サイズの画像ファイルはデータが大きく、サーヴァーのサーヴィスに負担を掛けてしまうので、 " _o.png " 及び " _o.jpg " で終わるファイル名を持つオリジナル サイズの画像をダウンロードしないように弾いております。


これにより、画像なども含めてウェブサイトを丸ごと全部ダウンロードして保存する事が出来ます。
注意点と致しまして、多くのファイルをダウンロードしようとすると、相手のウェブサイトのサーヴァーに過負荷となり、サーヴィスを妨害する事になりかねませんので、極力ウェブサイト全体のダウンロードは避けて下さい。 この方法を実行するのは、どうしても必要な場合だけにして下さい。

次の記事がとても参考になります。
"@IT" の記事 "Linux基本コマンドTips(24):【 wget 】コマンド――URLを指定してファイルをダウンロードする" のURL:
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1606/20/news024.html

"GNU Wget" の公式の解説ページのURL:
https://www.gnu.org/software/wget/manual/html_node/index.html

nice!(0)  コメント(0) 

自作の音楽再生ウェブ アプリケーション専用ブログを開設致しました。 [音楽再生ウェブ アプリケーション]

自作の " 音楽再生ウェブ アプリケーション " が良く出来たので、専用のブログを新設してそこへ実装致しました。
キーボード演奏が可能でヴィジュアライザーの機能とプレイリスト機能が付いた音楽再生ウェブ アプリケーションです。

ブログ記事: "ウェブ音楽プレイヤー"
URL: http://musicvisualizer.blog.so-net.ne.jp/2017-06-26

HTML5のCanvas要素とWeb Audio API、Web Strorage API、File APIを使用し、JavaScriptで書きました。

お使いの端末に保存されている音楽ファイルを含むフォルダー (ディレクトリー)を選択してプレイリストに出来ます。
再生したくない曲はプレイリストの項目の先頭のボタンを押してオフにすると再生されないように出来ます。
再生したくない曲を非表示にも出来ます。
プレイリストは自動保存自動読み出しされますが、テキスト ファイルとして書き出しと取り込みも出来ます。
Canvasの上部に表示される再生中の曲のタイトルをクリックすると、プレイリストの中のその場所へ移動出来ます。


ヴィジュアライザーはスペクトラム アナライザーの他、音のビートやアクセントに反応して花火のような、光る粒子が飛び散るエフェクトがございます。
JS_Music Player_SS_(2017_06_28)_2_Cropped_1 HTML5 ミュージック プレイヤーのスクリーンショット画像。 黒い背景の上に青色の二重の光る円環があり、円環の中心から青色の多数の輝く粒子が放出されている。 画面の下方には音楽のスペクトラム アナライザーのヴィジュアライザーが描画されており、垂直の青色のバーが多数横方向に並んで伸び縮みしている。 青色のバーは明るさと彩度と色相に微妙なグラデーションが掛かっている。
https://c1.staticflickr.com/5/4238/35410672282_f315bbd654_o.png

JS_Music Player_SS_(2017_07_01)_1_Cropped_1 HTML5 ミュージック プレイヤーのスクリーンショット画像。 黒色と灰色を基調としたデザイン。 操作用のボタンとプレイリストが表示されている。 画面上部には光り輝く円輪と光り輝く多数の粒子が描かれ、その後ろには青色の音楽のスペクトラム アナライザーのヴィジュアライザーが描画されており、垂直の青色のバーが多数横方向に並んで伸び縮みしている。 青色のバーは明るさと彩度と色相に微妙なグラデーションが掛かっている。
https://c1.staticflickr.com/5/4239/35665494675_bb42352426_o.png
プレイリストの機能も自作です。
楽曲毎に、再生する / 再生しないを選択する為のボタンを用意致しました。
初めはウェブ ブラウザーに備え付けのチェックボックスとラジオ ボタンを利用していたのですが、楽曲数が数千曲に及ぶと1つ操作する毎に0.4秒前後の時間だけ処理が止まってしまうようでしたので、自作のボタンに変更致しました。

JS_Music Player_SS_(2017_07_02)_1_Cropped_1 HTML5 ミュージック プレイヤーのスクリーンショット画像。 黒い背景の上に黄色や青緑色の光り輝く円輪が幾つもあり、円輪の中心からその円輪と同色の多数の光り輝く粒子が放出されている。
https://c1.staticflickr.com/5/4076/34856395613_abaf3d8651_o.png

キーボードを使っての演奏も可能です。
オクターヴの移動も出来ます。

ランダムな音の再生も出来ます。
一様な確率分布です。

正弦波と三角波の切り替えが出来ます。

キーボードのキーを押している間、またはマウスのボタンを押している間、音が持続(サステイン)致します。

重低音はアタックが強く、迫力がございます。

JS_Music Player_SS_(2017_07_16)_1_Cropped_1 HTML5 ミュージック プレイヤーのスクリーンショット画像。 黒い背景の上に色とりどりの光り輝く円輪が沢山あり、円輪の中心からその円輪と同色の多数の光り輝く粒子が大量に放出されている。
https://c1.staticflickr.com/5/4318/35786837582_7ab3bcd1f0_o.png
第1オクターヴを選択してキーボードを乱打すると、少し花火大会のスターマインのようになります。
重低音が轟いて面白いです。

注意と致しまして、お使いのウェブ ブラウザーが古かったり、端末の性能が低い場合、動作致しません。
Firefox 54にて動作確認済みです。
おそらくChromeやSafariの最新版でも機能すると思います。