So-net無料ブログ作成
その他 ブログトップ

電力量計をスマートメーターに交換されてしまいました。 [その他]

この度、私の自宅に業者の人が来て電力量計をスマート メーターに交換して行きました。

数日前に東京電力パワーグリッド株式会社から従来のアナログ式電力量計をスマート メーターに交換する旨の通知が届きました。

私はスマート メーターというものについてすっかり忘れていたのですが、ウェブで少々調べたところ、一定の時間間隔で電力使用状況に関する情報を電波で電気事業者に送信するものである事、遠隔操作にて電力供給を遮断、再開する事ができるものである事などを知りました。

スマート メーターが通信を行う際に発射する電波が健康問題を引き起こす可能性を指摘する情報もあり、また、プライヴァシー侵害の恐れが強い事を知りました。

プライヴァシー侵害については、家庭内の電力使用量の時間的な変化を業者がモニタリングでき、これを分析することでどの家電製品を何時に使用したかについて把握できます。
エアコンの使用状況、冷蔵庫の容量、TVの視聴時間、PCの使用時間、洗濯機の使用時間、トースターの使用状況などについて分析できる可能性があります。

そこから、世帯構成、起床時刻、朝食の時間、出勤時刻、専業主婦、専業主夫の有無、子供の通学時刻、病人などの看護の有無、家に住人が居ない時間、昼食の時間、帰宅時刻、入浴時間、晩食時間、就寝時刻、旅行など長期外出状況、生活が不規則かどうか、などが分析できる可能性があります。

こうした情報が様々な業者の手に渡って行く可能性があります。

スマートフォンによるプライヴァシーの侵害は深刻な状況である事が知られておりますが、同様にスマート メーターによるプライヴァシーの侵害の懸念があるようです。
そしてそれは個人情報に留まらずに世帯の生活状況に関する情報です。

私は電話で東京電力パワーグリッドに問い合わせました。
以下の回答がありました。

・情報送信の為の電波の発射は、15分に1回である。
・送信する情報は、30分間毎の使用電力量についてのものである。
・発射する電波の強さは現在の携帯電話と同程度である。
・取得した情報については、それまでのアナログ式電力量計の検針によって得られた情報について2年間の保管をしているので、最短でも2年間は消去しない。

私は電波発射とプライヴァシー侵害の懸念を伝え拒否したいと申し出ましたが、同日中に東電から電話があり、平成32年度(2020年)までに全世帯にスマート メーターを導入する方針は国で閣議決定された事であり、健康上の理由でないのであれば交換させて欲しいと言われ、仕方無く応じてしまいました。

業者によるスマート メーターへの交換は停電も無く速やかに行われ、今後は自宅の電力使用状況が電波にて送信され続ける事となりました。

スマート メーターの導入は電気事業者にとっては検針の為の人件費削減ができる事、電力小売全面自由化に際して便利である事、電力のリアルタイムでの変化を把握して電力供給と省エネルギーに役立つ事といった利点があります。
しかしそれと同時に、電波が発射される事と世帯のプライヴァシーが侵害される事といった悪い点があります。

国と電気事業者による半強制的なスマートメーター導入の方針には私は大きな疑問を感じざるを得ません。

nice!(0)  コメント(0) 

スイスで "ベーシック インカム" 制度導入の賛否を問う国民投票が行われました。 [その他]

スイスで " ベーシック インカム " 制度の導入の賛否を問う国民投票が実施されました。
この国民投票は以前から日本国内でも注目を集めていたものです。

"NHKニュース" の記事 "スイス 国民投票で「ベーシックインカム」導入否決" のURL:
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160606/k10010547381000.html

"TBS News i" の記事 "スイス「ベーシック・インカム」国民投票で否決" のURL:
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2790673.html

" ベーシック インカム " 制度では、全ての国民に対して無条件で毎月一定額のお金が支給されます。
それと引き換えに、生活保護や失業保険、年金は無くなります。

この制度では基本的な生活を送るのに充分な額のお金が支給されるので、安心して様々な活動や仕事に取り組む事が出来、特に成功可能性が未知数でリスクの高い仕事に挑戦出来るようになり、人々の活動が活発化するといった利点が考えられます。
また、社会保障の支給条件が一律になる為、多数の制度や個別の審査などが不要になり、行政が非常に効率化するといった利点も考えられます。
そして、人工知能やロボットの高度化に伴い、労働の場が奪われつつある中、過剰な競争により疲弊する末端の労働者や求職者達を苦しみから救う事が出来ます。

一方、労働意欲が低下して仕事を行わなくなる可能性、高収入を動機として困難な職業に就いていた人がより楽な仕事に転職してしまう可能性、ベーシック インカムが導入されていない諸外国から多くの人々が流入して来てしまう可能性などの不利な点が考えられます。

今回の国民投票の結果、賛成は23.1%で、反対は76.9%となり、ベーシック インカム制度の導入は否決されました。
まだこの制度を導入した国は無く、国の仕組み、経済の仕組みが大きく変わる可能性がある為、スイス国民もまだ心の準備が出来ていないという事でしょう。
ですが、今後、人工知能やロボットの高度化は止めど無く進み、幾つかの職業は数年以内にそれらに代替され、今後数十年といった時間で見れば、現在ある全ての職業の凡そ半分が人工知能やロボットに置き換えられてしまうとの予測があります。
こうなってしまった時には地球上の数十億人の人々が失業します。
この時、ベーシック インカム制度を導入しないといった選択肢は恐らく無いでしょう。
今後、世界の先進国の幾つかは部分的に小規模なベーシック インカム制度導入の社会実験を行う予定があるそうです。
人工知能やロボットが今よりも多くの人間の仕事、特に人間がやりたくない様な仕事を代替出来るまでに高性能化した時点で、ベーシック インカム制度は社会に受け入れられる事になるでしょう。


安全保障関連法案に反対する為に立ち上がった若者達 [その他]

"SEALDs" 自由民主主義のための学生緊急行動
Students Emergency Action for Liberal Democracy - s

"SEALDs" のウェブサイトのURL:
http://www.sealds.com/

学生達が、日本の自由と民主主義を守る盾と成るべく、活動を行っております。
渋谷駅ハチ公前広場で6月27日、大勢の若者達が安倍政権によって作成され、国会で審議されている "安全保障関連法案" に反対する意思を表明し、抗議活動を行った事が話題となりました。
彼等は、特定秘密保護法や集団的自衛権の行使容認などが強行されてしまった事も危惧しております。
自由と民主主義、平和主義、市民の権利が脅かされつつある事に危機感を持ち、行動に移しております。
私も彼等の活動を心より応援したいと思います。

安倍政権はマスコミに心理的圧力を掛けたり、特定秘密保護法によって重要な情報を市民が知る事が出来ないようにしています。

反対の意思を表明して街頭デモをする市民の事を、2013年11月29日に自民党の当時の幹事長だった石破茂がテロ行為と変わらないなどとする意見を述べております。

作家の百田尚樹は「沖縄の二つの新聞はつぶさないといけない。」などと述べております。
これは、安倍晋三首相に近い自民党の若手国会議員ら約40人が党本部で開いた憲法改正を推進する勉強会「文化芸術懇話会」での発言だそうです。
この百田尚樹は以前、安倍晋三首相がNHKの経営委員に任命しておりました。
その経営委員達は会長として安倍政権を擁護する姿勢を見せる籾井勝人を任命しました。
籾井会長は経営委員達に、日付を空欄として、署名、捺印をした辞表を提出させていた事が報じられました。
安倍政権寄りである籾井会長の意にそぐわない者は罷免するという圧力と考えられます。

前に、自民党がテレビ朝日とNHKの幹部を呼び出して事情聴取をした事も報じられました。

日本の自由民主主義は、自由民主党と安倍政権によって、危機に瀕しているのです。

皆で良く話し合って、政権が何をしようとしているのかを、私達市民は認識しなくてはならないと思います。

集団的自衛権の行使や武器の輸出、武器使用基準の大幅緩和など無くても、専守防衛の自衛隊と外交努力、市民による国際交流などによって、日本の平和を守る事は出来るのです。
寧ろ日本の武力行使は、外国が日本を攻撃する為の格好の口実となります。

困難な状況にある諸外国に対して日本が行うべきなのは、人道支援です。派兵ではありません。


前に書いたブログ記事:
安保法制法案に反対する。
http://crater.blog.so-net.ne.jp/2015-05-15

素敵なデザインの地球の旗 [その他]

“WIRED JAPAN” の記事で、スウェーデンでデザインを学ぶ大学生である、 "Oskar Pernefeldt" (オスカー ペルネフェルト)さんがデザインした "地球の旗" が話題となっている事を知りました。

“WIRED JAPAN” / "ネットで話題を呼んでいる「地球の旗」の謎" のページのURL:
http://wired.jp/2015/05/20/flag-for-earth/

“WIRED JAPAN” のウェブサイトのURL:
http://wired.jp/

Oskar Pernefeldt さんの "The International Flag of Planet Earth" のプロジェクト ページのURL:
http://www.flagofplanetearth.com/

上記ページには "地球の旗" の図柄とその使用想像図が掲載されております。
とても良いデザインだと思います。 "花" や "繋がり" 、 "水 、 "宇宙" などが表現されているとの事。
何ともじんわりと心に不思議な感覚を呼び起こされます。
今までの他のどんな旗の図柄にも感じた事の無い感覚です。
宇宙的な規模と深遠さと共に、暖かさと優しさも感じさせます。

秀逸なデザインだと思います。
これが正式な地球の旗として認定されても良いと思います。

もしかすると、火星以遠への宇宙進出に於いてこれが掲げられる事になるのかもしれません。

地球の旗が広く世界の人々に認知されれば、国や民族といった境界がちっぽけなものに思えるようになるのではないでしょうか。

その他 ブログトップ