So-net無料ブログ作成

さいたま市宇宙劇場でプラネタリウム上映を観て来ました。 [日常]

2017年8月29日、埼玉県さいたま市大宮駅近くの " さいたま市宇宙劇場 " でプラネタリウムの " 星空散歩 " という上映を観て来ました。

さいたま市宇宙劇場では2017年4月1日の上映からプラネタリウムのプロジェクターが新型に更新されております。
新たな投影システムは、星空投影専用の " CHIRON III " (ケイロン III)と、ディジタル映像投影用にJVCケンウッド社製e-shift 8K解像度プロジェクターを2台使用する " VIRTUARIUM II " (バーチャリウム II)だそうです。

私はシステムが新しくなってから訪れたのは2度目です。


さいたま市宇宙劇場 コイン オービター 2017_08_29 投稿者 Hard_Solid_Bass
プラネタリウム施設の入口付近で懐かしい " コイン オービター " に10円硬貨を投入して遊びました。
私が少年時代にも同じ場所にあり、何度も遊んだ記憶がございます。
ポテンシャル エネルギー、運動エネルギー、重力、ブラック ホール、星の運動を想像出来ます。

当日のさいたま市宇宙劇場の18時からのプラネタリウム上映は、大谷さんという解説員の方が星空の解説をして下さいました。
特別に最後の14分間をディジタル映像投影用のプロジェクター 2台の電源を切り星空投影専用のCHIRON IIIのみを使用することにより、漆黒の闇を再現した最高のコントラストでの上映をして下さいました。
この14分間はクラシック音楽のボレロを流しながら、春夏秋冬の星空をゆっくりと回転させながら見せて下さいました。
コントラストが高く、暗闇に吸い込まれそうでした。
また、私は今回、上映ドームの最後方よりもやや前の方の座席に着きましたので、天を見上げると星が降って来る様な錯覚さえ感じる程の美しい光景でした。

プラネタリウムってとっても良いですね。

"株式会社 五藤光学研究所" のプレス リリースのページのURL:
http://www.goto.co.jp/news/20170403/

"さいたま市宇宙劇場" の公式ウェブサイトのURL:
http://www.ucyugekijo.jp/

nice!(2)  コメント(0) 

自作のウェブ音楽プレイヤーを微改造致しました。 [音楽再生ウェブ アプリケーション]

自作のウェブ音楽プレイヤーに少々手を加えました。
JS_Music Player_SS_(2017_08_01)_1_Cropped_1 HTML5 ミュージック プレイヤーのスクリーンショット画像。 黒い背景の上に多数の色とりどりの二重の光る円環があり、円環の中心からその円環と同色の多数の輝く粒子が放出されている。 画面の下方には音楽のスペクトラム アナライザーのヴィジュアライザーが描画されており、垂直の紫色のバーが多数横方向に並んで伸び縮みしている。 紫色のバーは明るさ色相に微妙なグラデーションが掛かっている。
https://c1.staticflickr.com/5/4305/35502920313_e252aa8d90_o.png
少々派手目にデザイン致しました。

JS_Music Player_SS_(2017_08_01)_2_Cropped_1 HTML5 ミュージック プレイヤーのスクリーンショット画像。 黒い背景の上に多数の色とりどりの二重の光る円環があり、円環の中心からその円環と同色の多数の輝く粒子が放出されている。 画面の下方には音楽のスペクトラム アナライザーのヴィジュアライザーが描画されており、垂直の青色のバーが多数横方向に並んで伸び縮みしている。 青色のバーは明るさ色相に微妙なグラデーションが掛かっている。
https://c1.staticflickr.com/5/4329/36310119965_2306d6f0b0_o.png
具体的には、スペクトラム アナライザーのヴィジュアライザーの色について、以前は青一色で固定だったのですが、時間と共に様々な色に変化して行くように変更致しました。
また、明るさの変化の仕方も修正致しました。

人それぞれ色の好みなどがあり、このようなデザインは好みではない方も居らっしゃるかもしれませんが、私の感覚で作成致しました。

このページに掲載しているスクリーンショット画像は、音楽を再生しながらキーボードを打鍵して沢山の波紋が広がり、多数の粒子が四方八方に飛び散っている様子を記録したものです。

ブログ記事: "ウェブ音楽プレイヤー"
URL: http://musicvisualizer.blog.so-net.ne.jp/2017-06-26

nice!(3)  コメント(0)