So-net無料ブログ作成
検索選択

"Dance Alive Hero's 2017" を観て参りました。 [祭り, イヴェント]

私は昨日、2017年4月23日 日曜に東京都墨田区の両国駅の前にある両国国技館で開催された、 " Dance Alive Hero's 2017 " を観て参りました。
このイヴェントは、2005年より日本で開催されているストリート ダンス バトル イヴェントである " Dance Alive " の国内決勝戦であり、今年から名称が " Dance Alive Hero's " となったそうです。

私はこのイヴェントを観るのは今回が初めてでした。
しかも両国国技館を訪れるのも初めての事です。

実は先日初めて当イヴェントを知りまして、 " ローチケHMV " にてオンラインで入場券を予約、LAWSONの店舗で発券してもらったのですが、開催直前でしたので2階指定席券の販売が終了してしまっておりました。
従いまして、 " Main Stage " を観るに当たって入場券のみで観られる席は2階の自由席のみとなるのですが、この自由席はステージの後ろ側となってしまいます。
1 on 1 バトルの際はステージの後ろ側からでも問題無いのですが、ショー ケースなどを観る際には、ステージの後ろ側では出演チームの人達の背中しか見られない事になってしまいます。
インターネットで情報を探してみると、開催当日にオフィシャル グッズ販売ブースにて少量の指定座席券を販売するとの公式の告知がございました。
私はこれに賭ける事に致しまして、昨日、両国の国技館へ赴きました。

ところが、私は両国駅の出口を間違えてしまい、国技館へ遠回りになってしまいました。
更に国技館の入り口の場所も間違え、江戸東京博物館の方へ行ってしまいました。
慌てて引き返して国技館の入り口へ到着し、チケットを切ってもらい入場致しました。

私はまず、国技館の外の歩道から見える場所にある " ANOMALY STAGE " へ向かいました。
幸い天気が良く、陽射しがあって明るく、少し暑い位の陽気でした。
午前11時30分頃になって " Beat Buddy Boi " の人達がオープニング ショー ケースでラップとダンスのパフォーマンスを披露して下さいまして、会場を盛り上げてくれました。

私は " ANOMALY STAGE " で幾つかの出演チームがダンス ショー ケースを行うのを観た後で、国技館の建物内に入りました。

Dance Alive Hero's 2017_(2017_04_23)_1_resized_1 "Dance Alive Hero's 2017" が開催された会場である両国国技館の敷地内の様子を写した写真。

Dance Alive Hero's 2017_(2017_04_23)_2_resized_1 "Dance Alive Hero's 2017" が開催された会場である両国国技館の入り口を写した写真。

グッズ売り場で2階指定座席券がまだあるか尋ねたところ、幸いまだ残っており、これを購入致しました。

Dance Alive Hero's 2017_(2017_04_23)_3_resized_1 "Dance Alive Hero's 2017" が開催された会場である両国国技館の建物内の様子を写した写真。

そして次に向かったのは " UNDERGROUND STAGE " です。
階段の所から入場待ちの行列が出来ており、並んで少しずつ進み、漸く会場へ入ることが出来ました。
この " UNDERGROUND STAGE " ですが、とても暑苦しかったです。
大勢の観客が居り、広い部屋の中に熱気が充満しておりました。
私が訪れるのが遅かったようで、部屋の後ろの方、ステージからはかなり離れた所まで人で埋め尽くされておりました。
前の方の観客は床に腰を下ろして座ってくれているのですが、当然後ろの方の人達は立ち見ですので、その後ろの私の位置からではステージ上はほとんど何も見えない状況でした。
Dance Alive Hero's 2017_(2017_04_23)_4_resized_1 "Dance Alive Hero's 2017" が開催された会場である両国国技館の地下空間を写した写真。
写真で遠くのステージに見えるのはチーム " Nicol.Crossence " です。

私はチーム " ONPARADE " のダンスをカメラで動画撮影させてもらってから " MAIN STAGE " の2階へと向かいました。
Dance Alive Hero's 2017_(2017_04_23)_6_resized_1 "Dance Alive Hero's 2017" のUNDERGROUND STAGEでダンスを披露する "ONPARADE" を写した画像。
カメラのズーム アップでチーム " ONPARADE " の皆様が見えました。
ですが私の体に人が当たるので撮影した映像は振れてしまいました。

Dance Alive Hero's 2017_(2017_04_23)_5_resized_1 "Dance Alive Hero's 2017" が開催された会場である両国国技館内のMAIN STAGEを写した写真。 会場内は暗い。 ステージの上方には大きなスクリーンが各方面を向いて宙吊りで設置され、映像が映し出されている。
大型のスクリーンが4面に向いて吊られており、そこにステージ上の様子が映し出される為、逆側を向いた出場者の様子も判り易かったです。

私が当日に会場のグッズ売り場で購入した指定座席券ですが、やはり椅子の場所は自由席の近く、ステージの斜め後方、上の方の壁の近くという寂しい場所でした。

ダンス バトルのBEST 8を途中から観て、SHOW CASEを観終えたところで再び屋外のANOMALY STAGEを観させて頂きました。

その後、MAIN STAGEの2階指定席へ戻り、SEMI FINALの途中からイヴェントの最後までそこで観させて頂きました。

FINALの直前のショー ケースではあの " Fabulous Sisters " と、 " 九州男児新鮮組 " の皆様が圧巻のダンス パフォーマンスを披露して下さいました。

さすがにダンス バトル出場者の方々のダンスは本当に凄かったです。
どのジャンルのダンスに於いても彼等の卓越した技量と、優れた感性が生み出すダンスに観ている側も興奮させられ通しでした。

RIZEで優勝を勝ち取った、埼玉大学の " アナクロニズム X " のブレイクダンスも巧い上に面白さがありました。
ブレイクダンスと言ったらFOUND NATION / 九州男児の " ISSEI " はやはり素晴らしく巧かったです。
FINALで対決した、九州男児の " Yu-ki " のブレイクダンスも勿論とても巧かったです。
フットワーク、パワームーヴ、フリーズ、高いレヴェルで決まると見応え抜群ですね。

オール スタイルでは、 " " (ウマ)さんの飛び抜けたレヴェルのダンスを観る事が出来てとても満足致しております。
BAD QUEENの格好良くセクシーなWaackingの " IBUKI " さんのダンスも最高レヴェルでしたが、 " 馬 " さんはコミカルあり、強さあり、動きの大きさあり、ユーモアあり、彼のダンスの感性が卓越したものである事を感じさせられる凄いパフォーマンスでした。

私が全てのダンス バトルを観終えて会場を後にしたのは20時半を過ぎてからでした。

このイヴェントの模様はスカパー / ダンスチャンネルで観られるそうですが、残念ながら私は未だ加入しておらず見られません。
私はこの " Dance Alive Hero's 2017 " で幾つかのダンス パフォーマンスを4K解像度で動画撮影させて頂きましたが、当然プロのカメラ クルーの人達が至近距離の複数の撮影位置とアングルで撮影した映像の品質には及びません。
動画投稿サイトにはプロの方々が撮影した動画も公開されているようですので、御覧になってみて下さい。

本イヴェントの来場者は12,000人超との事です。
演出も規模も大々的で、一流のダンサーのダンスを観る事が出来て、このイヴェントに行って良かったです。

ダンサーの皆様と、イヴェント関係者の皆様方には心より感謝申し上げます。
どうもありがとうございました。

[参考]
" World of Dance Finals 2016 " にて世界一の座を獲得した時の " Fabulous Sisters " の素晴らしいダンス パフォーマンスの動画です。


"Mastodon" が話題沸騰中。YaCyはどうか。 [テクノロジー]

2017年4月19日現在、世界で、そして日本で、Twitterに替わるSNS サーヴィスとしてオープン ソースの " Mastodon " がインターネット上の話題を席巻しております。

" Mastodon " はドイツの人が開発したオープン ソースの分散型SNS プラットフォームで、誰でも自由にサーヴァー上にインスタンスを作り公開する事が出来ます。
利用者はインターネット上に公開されているMastodon インスタンスにアカウントを作らせてもらい、" Toot " (トゥート / 吠える)出来ます。
" Toot " とは、Twitterで言うTweet (ツイート /呟き)の事です。
ユーザーが属しているインスタンス内だけのトゥートが流れるタイムラインと、公開されている全てのインスタンスのトゥートが流れるタイムラインとフォローしたユーザーだけのタイムラインが表示出来るようです。
他にもTwitterには無い便利な機能が用意されているそうです。


ところで、私は長いこと " YaCy " という、P2P分散型インターネット検索エンジンを利用しております。
実はこのYaCyの方もドイツの別の人が開発したオープン ソースの検索システムなのです。
ドイツではインターネット上の自由と民主主義に関心が高い事が窺えます。

Mastodonは最初に話題になってから僅か1週間程で爆発的にユーザー数を増やして来たそうです。
皆、Twitterに閉塞感と先行き不安、プライヴァシーの侵害などの問題意識を持っていて、丁度そこへ有望な代替サーヴィスが登場したというタイミングの良さも手伝っての、爆発力であるようです。

一方、完全なP2P型のインターネット検索エンジンのYaCyはと言いますと、開発が始まって10年以上経っているようですが、未だに爆発的な普及には至っておりません。
エドワード スノーデン元CIA、元NSA職員がアメリカ政府組織がインターネットを駆使して世界中で秘密裏に情報収集と盗聴、盗撮をしている事を暴露した直後には利用者が増加したものの、その後利用者は増えておりません。

MastodonもYaCyも、共に分散型の非中央集権型システムとすることにより、検閲と情報操作、プライヴァシーの侵害を防ぐ事を目指して開発されたものです。

現在もYaCyは改良が加えられており、今年の夏頃には " YaCy Grid " として大幅な進化が予定されております。
今回のMastodonの普及から、YaCyの方にも注目が集まってくれると良いのですが。

Mastodonは分散型ではあってもP2P型のシステムではないので、誰かが立ち上げたインスタンスへの登録が必要です。
もしもそのインスタンスが不安定だったり閉鎖したりした場合には、他のインスタンスへ引っ越しをしなくてはなりません。
引っ越し自体は簡単ですが、もしもYaCyのように完全なP2P型のシステムであればこういった心配は不要です。
しかしながらMastodonはリアルタイムのオンライン コミュニケーション サーヴィスである為、完全なP2Pでは実現が難しいのかもしれません。

実は、私はまだMastodonの方は利用しておりません。
もしも私が利用しているISPであるSo-netがMastodon インスタンスを立ち上げてくれたりしたら、すぐにでもアカウントを取得したいのですが、果たして望みはあるでしょうか。

或いは、YaCyのようなP2Pネットワークによる、Twitter ライクなソーシャル コミュニケーション プラットフォームが実現したらそれが最高に素晴らしい事なのですが。
匿名のP2P掲示板は既にあるようですが、私はアンダー グラウンドではなくてクリーンで、ある程度パブリックなプラットフォームが理想だと思います。
もし、現在のウェブ ブラウザーに実装されているリアルタイム通信の仕組みであるWebRTCが、NAT / ファイヤーウォールを越えて通信する為にSTUN / TURN サーヴァーが必要であるという点が無ければ、これを利用して比較的容易に実現しそうなのですが、そうは行かず。

Mastodonについてはこちらの記事に詳しく書かれております。
"ASCII.jp" の記事 "Twitterのライバル? 実は、新しい「マストドン」(Mastodon)とは!" のURL:
http://ascii.jp/elem/000/001/465/1465842/

こちらには2017年4月19日現在、Mastodon関連の近況が書かれております。
"ITmedia NEWS" の記事 "マストドンつまみ食い日記" のURL:
http://www.itmedia.co.jp/news/series/5983/

YaCyについては以下からどうぞ。
"YaCy" の公式ウェブサイトのURL:
http://yacy.net/en/index.html

[ブログ記事]
"YaCy Grid" (YaCy/2)は "Elasticsearch" を使用するとの事。
http://crater.blog.so-net.ne.jp/2017-03-31

分散型検索エンジン "YaCy" が正式に日本語化されました。
http://crater.blog.so-net.ne.jp/2016-02-25

検索エンジン "YaCy" は実用性充分です。
http://crater.blog.so-net.ne.jp/2015-10-15

分散型検索エンジン YaCy の導入解説
http://crater.blog.so-net.ne.jp/2015-07-21

分散型検索エンジン YaCy のアップデート
http://crater.blog.so-net.ne.jp/2015-06-25

分散型検索エンジンYaCyについての解説動画
http://crater.blog.so-net.ne.jp/2015-03-22

Ubuntu PCでYaCy検索エンジンの為のポート開放の設定
http://crater.blog.so-net.ne.jp/2014-11-06

兵隊ロボットが現実の脅威になってしまいました。 [テクノロジー]

ロシアでは " F.E.D.O.R. " という身長184[cm]もある人間型ロボット (ヒューマノイド ロボット)を開発中であるそうです。

アメリカでは2017年4月18日現在はGoogle社傘下である、Boston Dynamics社がアメリカ国防総省(United States Department of Defense)国防高等研究計画局(DARPA / Defense Advanced Research Projects Agency)の支援の元で開発された、 " Atlas " という人間型ロボットが2013年に公開され、その後大幅に改良されて度々最新型のAtlasに関する動画が公開されて来ました。

ロシア製の人間型ロボット " F.E.D.O.R. " は、アメリカの現在のAtlas程の歩行性能は無さそうですが、F.E.D.O.R.は手先が器用で工具の扱いが巧く、自動車などの乗り物に自分で乗り込んで自分で運転が可能であるなど、Atlasを上回る能力も持っているようです。

この度、 " PC Watch " の記事は次のように伝えております。
->->
[引用]
ロシア連邦政府の緊急対応省監督のもと、Android TechnicsとAdvanced Research Fundが開発を行なっているヒューマノイドロボット「F.E.D.O.R.」の2丁拳銃発砲動画がYouTubeにて公開された。
<-<-

何と、ロシア製の人間型ロボット " F.E.D.O.R. " は両手に銃器を持ち、2丁拳銃発で発砲するといった事を行ったそうです。
銃の発砲には強い反動がありますので、そうした反動にも対応出来るようです。

詳しくはPC Watchの記事をお読み下さい。
"PC Watch" の記事 "やじうまPC Watch / 2丁拳銃で目標を撃ち抜くロシア製人型ロボットが登場 ~ロシア政府は“ターミネーター”ではないと否定" のURL:
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/1055474.html

両手持ちの2丁拳銃で発砲する様子を撮影した動画が公開されております。
->->
[2017年5月22日追記]
当該動画は削除されてしまったようです。
<-<-

もう1つ、こちらでは、 " F.E.D.O.R. " に関する動画が短く纏められております。


参考に、アメリカの " Atlas " の2016年に公開された動画も紹介致します。


この様にロシアとアメリカが開発中の人間型ロボットは着々とその能力を向上させ続けております。
ロボットのハードウェアの性能も向上していますし、人工知能(AI / Artificial Intelligence)の方の発展はそれ以上の早さで進んでいるようです。

ロシアとアメリカが開発する人間型ロボットの技術は、恐らくはいつか軍事目的にも使用される事になるのではないかと危惧しております。
どうでしょう、もしも近い将来、戦闘用航空ドローンの大群と、銃器を備えた人間型ロボットの大群が私達に襲い掛かって来たら、それはこの上無い脅威となるのではないでしょうか。

現在、北朝鮮によって日本を含む東アジア地域で頓に軍事的緊張が高まっており、北朝鮮が公開した軍事パレードでは北朝鮮の兵士達が一糸乱れぬ完璧に揃った動きで行進しておりましたが、彼等兵隊達の様子は人間でありながらまるでロボットのようでした。
そしてロシアとアメリカが開発するロボットは増々人間の能力に近付いて行き、銃器を発砲する事も出来るようになりました。
人間がロボットのようになり、ロボットが人間のようになるとは、悪い冗談だとは思いませんか。

SF映画で描かれた様に、人間型ロボットが戦争に導入されて、彼等に人間が殺戮される未来が現実のものとならない事を願って止みません。
この様な未来が現実にならないと言える根拠はありません。何故ならば既に中東地域に於ける戦争では無人の戦闘用航空ドローンが沢山の爆撃を行い、多くの人間を殺害しているのですから。

HTML ソースやテキストからURLを抽出してリンク リスト化するWeb アプリケーション。 [URL抽出リンク リスト化]

何らかのウェブサイトのページのソース内やテキスト内に記載されている多数のURLを抽出してリスト化する事が出来るWeb アプリケーションをJavaScriptにて作成致しましたので掲載致します。
URL及びリンクを抽出するウェブ サーヴィスは余り見掛けないので自作致しました。リンクを収集する必要があるときにはとても便利だと思います。

上側のテキスト入力欄にURLを含むテキストをコピー & ペーストしてから、 " Make " ボタンを押すと、下側のテキスト欄にURLのリストが出ます。
オプションで、自動的にHTMLのタグを付けてハイパーリンク化する事も出来ます。
また、連続して全く同じURLがあった場合には1つだけを残します。
" http:// " の先頭の " h " が消されていて、 " ttp:// " から始まるURLの場合には自動的に " http:// " に置き換えます。

但し、抽出対象がプログラムが自動生成するソースコードの場合などで、URLの最後にクォーテーション マークやコンマが付帯してしまったり、URLのアルファベットと数字と記号以外の文字がある場所で切れてしまう事がございます。

[注意]
このプログラムによって生じるいかなる問題につきましても私は責任を負いません。
全て自己責任に於いて御利用下さいませ。

Please fill in the text here.







URL抽出は正規表現によるマッチングで行っております。

" Yahoo!ボックス " サーヴィスにソース コードのhtml ファイルをアップロードして公開させて頂きます。
次のリンク先のページにある " ダウンロード " ボタンを押すと当プログラムのhtml ファイルをダウンロード出来ます。

[ソース コード]
Yahoo!ボックス: http://yahoo.jp/box/At2eDA

[謝辞]
当アプリケーションの作成に当り、次のウェブ ページを参考にさせて頂きました。心より感謝申し上げます。
"NEST :: laboratory" のページ "文字列中のURLを探してリンクにするJavaScript" のURL:
http://d.hatena.ne.jp/ginpei/20070811/1186846446

東大和市民会館で "Evo∃k ストリート ダンス コンテスト" を観て来ました。 [祭り, イヴェント]

2017年4月4日 火曜日に東京都東大和市の " 東大和市民会館 ハミングホール " の大ホールで開催されました、 " Evo∃k ストリート ダンス コンテスト " を観て参りました。

因みにイヴェント名の " Evo∃k " は " Evoke " の捩りだそうです。
" ∃ " の文字は数学記号の1つ、 " 存在限量記号 " です。
表記はEvoekと書かれる事もあるようです。

1日前に偶然Twiterの検索で見つけたイヴェントだったのですが、天気が良かったので行ってみることに致しました。
東大和市は親戚の家があるので曾て訪れた事がございます。
自宅からは電車を3回乗り換えて片道2時間以上掛かりました。

開場時刻の少し前に到着し、1,500円のチケットを購入。
アンケート用紙を受け取った際、ありがたい事に何と " Evo∃k MC judges select CD " なる9曲入りのスペシャル音楽CDを頂戴致しました。
(帰宅後に自室の1,000[W]出力、30[cm]径のサブウーファーのあるオーディオ システムでこれを再生させて頂きました。)
入り口にあるボードにタイム スケジュールとコンテスト出場チーム リストが掲示されておりましたので、まずはこれを撮影致しました。
出場チームは少人数のチーム部門が9チームと、大人数編成のナンバー部門が4チームとの事でした。

暫くして開場時刻になったのでホール内に入り、観客席に腰掛けて待ちました。
開始時刻が近づいてもホール内には空席が多く残っていました。どうやら当日が平日の日中である事と、当イヴェントに関する情報発信が少なかった事から客の入りは少なかったようでした。

イヴェント開始時刻になり、まずは審査員ダンサーの方々によるダンスのデモンストレーションが披露されました。
MCは " まーくん " さんです。
まずはダンサー、コレオグラファーの " Marimo Kanno " さんが格好良いダンスを披露して下さいました。
続いてダンサー " BOO " さんが素晴らしいPopping ダンスを披露して下さいました。
最後にダンサー " Yacheemi " さんがその見た目とは裏腹に艷のあるダンスを披露して下さいました。

以下の画像は全て撮影させて頂いた動画から切り出し、縮小したものです。

そしてチーム部門のコンテスト開始。
Evoek Street Dance Contest_(2017_04_04)_2_resized_1 "Evo∃k ストリート ダンス コンテスト" でダンス チーム "Def SeeD" の女子2人がダンスを披露している様子を写した画像。 カラフルな服を着てキャップを被り、穴開きジーンズ パンツを履いている。
" Def SeeD " の2人です。

Evoek Street Dance Contest_(2017_04_04)_3_resized_1 "Evo∃k ストリート ダンス コンテスト" でダンス チーム "BLACK DANCE" の女子7人がダンスを披露している様子を写した画像。 赤い服に黒色のタイトなパンツを穿いて裸足で踊っている。
" BLACK DANCE " の7人です。
格好良いJazz Hip Hop ダンスを披露してくれました。
彼等がチーム部門第3位を獲得しました。

Evoek Street Dance Contest_(2017_04_04)_4_resized_1 "Evo∃k ストリート ダンス コンテスト" でダンス チーム "king Stepper" の女子2人がダンスを披露している様子を写した画像。 2人共白色のパンツを穿き紫色のジャケットを着て紫色のシューズを履いている。 ジャケットの裏地にフランス国旗の柄が使われているのが見える。
" king Stepper " の2人です。
ジャケットの裏地がフランス国旗ですね。
彼等のダンスは非常に上手でした。
勿論彼等はチーム部門で優勝しました。

" king Stepper " のダンス パフォーマンスのヴィデオを掲載させていただきます。

Evo∃k Street Dance Contest - king Stepper... 投稿者 Hard_Solid_Bass

この動画の撮影はコンパクト ディジタル カメラのPanasonic DMC-TX1で行いました。
4K解像度で撮影し、ffmpegにてダンスの初めの方をカットし、H.265形式で高圧縮率で再エンコードしてあります。


Evoek Street Dance Contest_(2017_04_04)_5_resized_1 "Evo∃k ストリート ダンス コンテスト" でダンス チーム "乃恋" の女子2人がダンスを披露している様子を写した画像。 黒地に白色の水玉模様のあるドレスを着ており、赤色の扇子を手に持って踊っている。
" 乃恋 " の2人です。
コンテンポラリー ダンスを披露してくれました。

Evoek Street Dance Contest_(2017_04_04)_6_resized_1 "Evo∃k ストリート ダンス コンテスト" でダンス チーム "乃恋" の女子2人がダンスを披露している様子を写した画像。 白色のワンピース ドレスを着ており、裸足で踊っている。1人の女子の後側からもう一人の女子が鋭い目つきで右手を前の女子の身体の前の方へ回している。
同じく " 乃恋 " です。
彼等は身体の動きや表情で抽象的、精神的な表現を行っておりました。

Evoek Street Dance Contest_(2017_04_04)_7_resized_1 "Evo∃k ストリート ダンス コンテスト" でダンス チーム "ゆずのすけ" の男女2人がダンスを披露している様子を写した画像。 2人共白い衣服を着ている。 互いに違う方向を向き、床に四つ這いになっている。
" ゆずのすけ " の2人です。
激情型のとても激しいJazz ダンスを披露してくれました。
男子の彼はなかなかの美形でした。

Evoek Street Dance Contest_(2017_04_04)_8_resized_1 "Evo∃k ストリート ダンス コンテスト" でダンス チーム "ゆずのすけ" の男女2人がダンスを披露している様子を写した画像。 2人共白い衣服を着ている。 左側の女子は両手を合わせて天高く突き上げいる。 右側の男子は苦しんでいるかの様に中腰の体勢で蹲っている。
同じく " ゆずのすけ " です。
彼等の感情を爆発させたようなダンスは、もの凄く躍動的で生命力が溢れんばかりでした。
彼等のダンスを料金を支払って何度も鑑賞したいと思うくらいに格好良いダンスでした。
彼等がチーム部門の準優勝でした。


休憩を挟んでナンバー部門のコンテストが始まりました。
Evoek Street Dance Contest_(2017_04_04)_9_resized_1 "Evo∃k ストリート ダンス コンテスト" でダンス チーム "Brisk Mob" の多数の女子達がダンスを披露している様子を写した画像。 全員黒色の服を着て黒色のタイトなパンツを穿き黒のキャップを被っている。 腰を落とした体勢で踊っている。
" Brisk Mob " のダンスの様子です。
17人からなるチームです。
素晴らしく格好良いHip Hop ダンスを披露してくれました。
ナンバー部門の準優勝でした。

Evoek Street Dance Contest_(2017_04_04)_10_resized_1 "Evo∃k ストリート ダンス コンテスト" でダンス チーム "O.S.D Crew" の多数の女子達がダンスを披露している様子を写した画像。 全員紫色の衣装を着て白色のヘッドバンドを付けて踊っている。
" O.S.D Crew " のダンスの様子です。
20人からなるチームです。
彼等のHip Hop ダンスは、 " 強い " という言葉で表されるでしょう。
ナンバー部門の優勝は彼等でした。


コンテスト エントリー チームのダンス パフォーマンスが終わり、休憩を挟んだ後、 " セッション タイム " が設けられました。
会場に来ている学生達や出場チームのメンバー達にステージに上がってもらい、ダンサーの方達と一緒にダンス セッションを楽しもうという企画です。

しかし、大き目の音量で音楽を鳴らして、さあ盛り上がるかと思いきや、皆さんシャイなようで、なかなか踊りたがらないのです。
先程まであんなに元気に踊っていたのに、いざ自由に踊ろうとなると、自分から一歩前へ出て踊るのを躊躇しているようです。
年頃だからか、地域性によるものなのか、自由に積極的に踊る事に不慣れなのか。
ですが徐々に、少しずつではありますが自らダンスをしようという人が現れ始め、ジャッジの人と踊ったり、周りの人を誘って踊り始めました。
最終的にはセッションはそこそこ盛り上がり、私は一安心致しました。
只、最後まで硬直していた人達も居たようでしたが。


その後、Evo∃k ストリート ダンス コンテストの結果が発表されました。
結果は次の通りです。

[チーム部門]
優勝: king Stepper
準優勝: ゆずのすけ
第3位: BLACK DANCE

[ナンバー部門]
優勝: O.S.D Crew
準優勝: Brisk Mob
第3位: Goose Bumps

余談ですが、東大和市民会館 大ホールの音響が非常に優秀でした。
数多く観て来たダンス イヴェントの中でも最上級のオーディオ環境だったように思います。
高音域はきつくならず、それでいてアタックのスピード感も有り、低音域は恐らく16[Hz]位の重低音から高速で量感豊かな低音が再生されていたのではないでしょうか。
今回のイヴェントのオーディオのチューニングが良かったのかもしれません。
Evoek Street Dance Contest_(2017_04_04)_1_resized_1 ステージ脇の壁の上部に掛けられているライン アレイ型ラウド スピーカー システムを撮影した写真。 黒い。
小ぶりなライン アレイ型ラウド スピーカー システムですが、心地良い音を奏でておりました。
今まで私が観て来た他の会場では、冷蔵庫数台分のスピーカー システムであっても、酷い音質のもの、セッティングが悪いもの、チューニングが酷くて高音域が耳を突き、低音域の音が籠っているもの、音が割れまくっているものなど、色々ありました。
スピーカーは大きい方が良いのですが、それだけではダメなのです。
今回の会場の音響が心地良いように、チューニングなどが一番重要なのです。


この度は、この様な素晴らしいダンス コンテストを観させて頂いて、誠にありがとうございました。
イヴェントの発起人のMiHOさん、イヴェント関係者の皆様と出演者の皆様には心より感謝したく存じます。


ところで、折角の素晴らしいイヴェントだったのですが、勿体無い事に観客が少な目でした。
先にも書きましたが、それは恐らくこのイヴェントに関する情報発信が不足している事により、多くの人に知られていないのが原因であると思われます。
是非とも情報発信に力を注いで次回もこの素晴らしいダンス コンテストを開催して頂いて、多摩地域のダンス ムーヴメントを盛り上げて頂きたいところです。

私のブログ記事: ダンス等の動画
http://crater.blog.so-net.ne.jp/2015-08-18

"東大和市民会館 ハミングホール" のウェブサイトのURL:
http://www.humming-hall.jp/