So-net無料ブログ作成
検索選択

オバマ アメリカ大統領による広島演説がありました。 [日常]

本日、2016年5月27日、 " バラク オバマ " アメリカ合衆国大統領が 現職のアメリカ大統領としては初めて、原子力爆弾の被爆地の一つである " 広島市 " を訪れました。
原爆投下による悲劇の記録を展示する原爆資料館にも訪れ、その資料の数々を目にしたようです。

これは歴史的に重要な出来事であり、原爆を実戦で使用した唯一の国であり今も原爆の大量保有国であるアメリカの、原爆投下に対する認識が良い方向に変化している可能性を感じさせるものです。
アメリカでの世論は今までの約70年間、広島市と長崎市に対する原爆投下を戦争の終結の為には必要な事であった、或いは戦争を早く終わらせて全体の犠牲者を減らす事が出来たといった考えに囚われ、その原爆投下を正当化する事に必死でしたが、人々の世代交代も進み、核兵器に対して冷静に問題を考える事が出来るようになって来たのかもしれません。

そして、オバマ アメリカ大統領は広島市の平和記念公園を訪れ、日本の被爆者の方が見ている前で、平和に対する強い思いを言葉にして演説致しました。

"NHKニュース" の本件に観する記事 "オバマ大統領が所感 核なき世界への決意を表明" のURL:
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160527/k10010537591000.html

->->
[同日追記]
オバマ アメリカ大統領による広島平和記念公園での演説の全文の日本語訳文が掲載されていましたので、紹介させていただきます。
"ザ ハフィントン ポスト" の記事 "オバマ大統領の広島スピーチ全文 「核保有国は、恐怖の論理から逃れるべきだ」" のURL:
http://www.huffingtonpost.jp/2016/05/27/obama-begins-visit-to-hiroshima_n_10160172.html

->->
[翌日追記]
上記の "ザ ハフィントン ポスト" の記事は5月28日9時40分に日本語訳文を修正し、更に元の演説内容の表現に近いものとなりました。
<-<-
<-<-

私はTVを通して視ておりましたが、その内容は実に良いものでした。
日本の広島と長崎の原爆の犠牲について、その当時の一般の人々、女性も男性も子供達も、その核兵器によって命を奪われた事の悲劇、その後も続く被爆者の苦痛について、深く語っていました。
そして、人類の歴史が戦争の連続であり、その度に罪無き人々が傷付き、犠牲となって来た事、現在もそれが続いている事、人類の科学に対する欲求が兵器開発にも繋がり、悲劇を増大させて来た事、人々のより多くを手中に収めたいといった欲望が戦争に繋がる事、宗教による悲劇、帝国主義の隆盛と衰退等について語りました。
そして、核兵器はもとより、戦争そのものの廃絶を訴えていました。
戦争の悲劇を語り、世界は問題の解決に戦争ではなく外交による解決を最優先すべきであると言いました。

オバマ アメリカ大統領の平和記念公園に置ける演説内容はとても良いものだったと思います。
しかしながら皆が知っての通り、アメリカ国内にも反平和主義的な人々が多く存在しており、取り分け共和党系の議員やその支持者達は武力による解決を望む傾向が強いように思われます。
民主党所属であるオバマ大統領はアメリカ国内に於ける銃規制推進の立場であり、社会福祉の充実を推進する立場でしたが、アメリカ議会は共和党が多数で民主党を上回っている為、オバマ大統領の政策は実現が非常に困難でした。

今後、次期アメリカ合衆国大統領選挙でもしも共和党のトランプが大統領となってしまったならば、今日のオバマ演説の内容は完全に踏み躙られ、軍事力による支配が進められ、戦争や紛争が行われ、市内では銃器や銃犯罪が蔓延し、差別も広がり、世界中で多くの人々が犠牲となるかもしれません。

今日のオバマ演説で語られた理想を追求する考えの人物が各国の指導者となる事を心の底から望みたいところです。

一方、日本の安倍総理大臣が続いて演説をしましたが、こちらは原爆の悲劇と被爆者の苦痛、核兵器廃絶への取り組みを訴えましたが、世界の平和について、戦争の廃絶についてはオバマ アメリカ大統領の方が遥かに強く訴えており、日本の総理大臣としては見劣りする内容であるように感じました。

この後、オバマ大統領は原爆ドームを訪れました。

このオバマ大統領の広島訪問の様子とあの演説を世界中、特に中国、ロシア、北朝鮮、或いは独裁的政治が行われている国の人々に見てもらいたいと思います。

低消費電力の人工知能専用チップである "IBM TrueNorth"。 [テクノロジー]

IBM社が開発した、 " IBM TrueNorth " というプロセッサーは非常に少ない消費電力で動作する、人工ニューラル ネットワークを集積回路に実装したコンピューター チップです。

"GIGAZINE" の記事 "IBMの「脳」を模した超省電力チップ「TrueNorth」が着実に進化、ネズミの脳レベルに到達" のURL:
http://gigazine.net/news/20150820-ibm-truenorth-for-smartphone/

"IBM Corporation" のウェブサイトのページ "IBM Brain Power 脳からヒントを得たコンピューター・チップ" のURL:
http://www.ibm.com/smarterplanet/jp/ja/brainpower/

"IBM Research" のウェブサイトの PDF文書 "Cognitive Computing Systems: Algorithms and Applications for Networks of Neurosynaptic Cores" のURL:
http://www.research.ibm.com/software/IBMResearch/multimedia/IJCNN2013.algorithms-applications.pdf

現在までの一般的なコンピューターに用いられて来たノイマン型のアーキテクチャーに基づくシステムでは、処理装置(MPU)と主記憶装置(Main Memory)が別に配置されており、データの移動に非常に多くの時間とエネルギーが必要でした。
そしてCPUはGHz(ギガヘルツ / 10億ヘルツ)単位の超高速のクロックに基づいて動作し、各演算コアは情報処理中は常にコア全体で大きな電力を消費し続ける必要がありました。
こうしたアーキテクチャーに基づいたシステムで人間の知能に匹敵する様な演算処理性能を実現しようとした場合、現在よりも遥かに微細なトランジスターを遥かに大量に集積した上で遥かに高速に動作させる必要があります。
従来、ムーアの法則に従ってコンピューターのプロセッサーのトランジスターの集積度が向上して来ました。
ムーアの法則では、半導体集積回路のチップ上のトランジスター数は18か月で2倍、詰まり、15年で1,024倍 ( 2^( 15 / ( 18 / 12) ) = 2^10 = 1,024 ) になるとされていました。
ところが近年、集積回路上の電力密度が高過ぎて冷却出来なくなる問題や、原子の大きさによる制限、量子力学的なトンネル現象等による問題、高エネルギー粒子の衝突確率に起因する信頼性の問題、半導体集積回路製造でのフォトリソグラフィー用露光装置の光源波長の問題等からより高性能なプロセッサーの開発が極度に困難になって来ました。
技術的にはどうにか可能であっても費用の問題から開発速度は鈍化しつつあります。

そしてもしも近い将来に製造可能なプロセッサーを用いて人間の知能に匹敵する処理性能を有する程の大規模なスーパーコンピューターを建設したとしても、それを動作させる為に必要な電力を賄う為だけに専用の原子力発電所を建設する必要があると言われています。

人間の脳は同じ位の情報処理の為に僅か20[W]程度しか電力を消費しません。

ところで、動物の脳の神経細胞を参考にして作られた最初の簡単で基本的な人工神経のモデルが形式ニューロンと呼ばれるものだそうです。そしてそこから単層パーセプトロン多層パーセプトロンの一種で学習アルゴリズムが改良され深層学習ディープ ラーニングと呼ばれている深層畳み込みニューラル ネットワーク (Deep Convolutional Neural Networks)へと発展して来たそうです。

オンライン百科事典サイト "Wikipedia" の "ニューラルネットワーク" のページのURL:
https://ja.wikipedia.org/wiki/ニューラルネットワーク

こうして実用化されつつある人工ニューラル ネットワークによる人工知能 (AI / Artificial Intelligence)ですが、従来はこれをノイマン型アーキテクチャーのシステム上でソフトウェアによりシミュレーションしていました。
また、人工ニューラル ネットワークは並列化に向いている為、グラフィックス アクセラレーターとして発展して来たGPUが載ったヴィデオ カードにより大規模並列処理を行う事で性能を稼いで来ました。
しかしながら、こうした人工知能の能力はまだ人間の知能には遠く及びません。
特定のタスクに於いてのみ、人間を上回るだけです。
そして前述の幾つもの問題から人間の知能に匹敵する性能を持つ人工知能の実現には長い年月が必要であると考えられて来ました。

この様な状況の中、アメリカ国防高等研究計画局 (DARPA / Defense Advanced Research Projects Agency)による " SyNAPSE " (Systems of Neuromorphic Adaptive Plastic Scalable Electronics) プログラムの中でIBMは人工ニューラル ネットワークをハードウェア化して集積回路上に実装する事に成功し、256個のニューロンと262,144個のシナプスを実装したシングル コアのチップを2011年に発表しました。
その後、このプロセッサーを改良して5,400,000,000個のトランジスターから成る4,096個のコアを集積し、1,000,000個のニューロンと256,000,000個のシナプスを実装した " TrueNorth " というチップが2014年の8月に発表されました。
このチップは、従来のノイマン型コンピューターとは異なります。演算回路と記憶回路が極めて近い位置にあり、データの移動に必要な時間と電力を大幅に削減出来ます。
このチップは実時間での処理に於いて驚くべき事に僅か70[mW]程度しか電力を消費しないそうです。
このチップは単体で昆虫の脳に匹敵する性能を有しており、このチップを16個搭載した基板で蛙の脳に匹敵する性能を実現し、更に2015年8月17日にはこの基板を多数連結して齧歯類の脳に匹敵する48,000,000個の神経細胞を実現した事が公表されたそうです。

但し、このチップには学習機能がありませんので、従来の高性能なノイマン型のコンピューター上で学習した結果をこのチップに入力しておく必要があるそうです。

"GIGAZINE" の記事 "IBMが人間の脳と同じ構造を持つプロセッサーの開発に成功" のURL:
http://gigazine.net/news/20140808-ibm-brain-similar-processor-chip/

この " TrueNorth " プロセッサーは非常に高速なクロックにプロセッサー全体が常に同期して処理が実行される従来のプロセッサーとは異なり、イヴェント駆動型と呼ばれる処理が行われるそうです。
低速な、1[kHz]、詰まり時間ステップが1[ms]のクロックに対する全体の同期はあるけれど、それぞれの部分は信号を受け取った時にのみ起動して処理を行い、処理を終えて信号を送出した後はまた待機状態になります。その為、多くの時間、多くの領域は待機状態で過ごす事が出来、その結果として優れた省電力性を実現出来るのです。

このプロセッサーではスパイキング ニューラル ネットワークと呼ばれるアーキテクチャーを採用しているようです。
動物の脳の神経回路では神経細胞のスパイクと呼ばれる活動電位の発火タイミングによる情報処理が行われており、これを模倣した情報処理を行うものだそうです。
具体的には、 " Leaky Integrate-and-Fire " (漏れ積分発火)モデルであるそうです。

スパイキング ニューラル ネットワークについては、更新日が2009年3月と古いですが次のページが参考になると思います。

"九州工業大学大学院生命体工学研究科脳情報専攻(脳型情報処理機械講座)脳型集積システム森江研究室" 様のページ "ニューロンのスパイク発火タイミングによる情報処理モデルとそのLSI化" のURL:
http://www.brain.kyutech.ac.jp/~morie/topics/spiking.shtml

" TrueNorth " プロセッサーは256本の入力線を軸索に対応させ、256本の出力線を樹状突起に対応させたクロス バー構造だそうです。
これらの交点をシナプスに対応させているようです。シナプスから見て信号は軸索から入力されて樹状突起へ出力されます。ニューロンから見ると信号は樹状突起から入力されて軸索から出力されます。
各コアには約100[kbit]のメモリーが備えられており、ニューロンの状態情報と信号の受信元と送信先のアドレス情報等が格納されます。
また、各シナプスに於ける接続の強さの値も記憶されます。
格子状に配置された各コアには通信の為の回路が備えられており、各コアは別の256個のコアから信号を受け取り、アドレス指定した256個のコアへと信号を伝達する事が出来るそうです。
擬似乱数生成器によって生成される乱数により、人工ニューロンの活動にノイズを与えているようです。


" IBM Systems - Japan " 様による " SyNAPSE " プロセッサーについての解説動画を掲載させていただきます。


2013年に録画された動画なので情報はやや古いものであり、また雑音が多くて聞き取り辛いですが、日本語で分かり易く説明して下さっております。

ところで、先にも述べましたが、このチップには学習機能が無いという欠点があるそうなのですが、他の研究開発組織により、同様の人工スパイキング ニューラル ネットワーク回路に汎用回路を統合して学習機能を実装する研究開発が行われているそうです。
もしこれがうまく実現出来たならば、意外に早く人間の知能に匹敵する人工知能が誕生するかもしれませんね。

平和主義を執拗に攻撃する者達。 [邪悪, 政治]

2016年5月22日現在、Googleのウェブ検索で " 平和主義 運動 " などのワードで検索をすると、平和主義または平和主義を唱える人々の事を甚だしく侮辱したウェブ ページが、これでもかと言う程沢山表示されます。

それらのページの執筆者達は、まるで初めから平和主義自体を叩き潰す事を目的としているかのようで、平和主義者が戦争を起こすのだとか、平和主義者は売国奴だとか、反日だとか、頭がおかしいだとか、平和主義者を抹殺すれば戦争が無くなるだとか、平和主義者が居なくなれば戦争で犠牲になる人が減るなどと主張しています。

彼等の主張は余りにも邪悪で、悪意に満ち満ちている様に見受けられます。

彼等の主張は全くの嘘、でたらめです。

戦争をしたい人達が居るから戦争が起こるのです。
暴力が好きな人達が居るから戦争になるのです。
自分中心で他人を犠牲にする事を厭わない人達が居るから戦争になるのです。
他人の物を奪おうとする人達が居るから戦争になるのです。
他人を虐めよう、いたぶってやろうという人達が戦争を煽るのです。
他人の不幸や苦痛を喜ぶ人達が戦争を煽るのです。
人心を掌握して思うが儘に操ろうとする権力者達が戦争を始めるのです。

平和主義はそれ自体は理想的であり、全力で追求すべきものです。

アメリカの大統領選の共和党候補のトランプのように、暴力はそれ以上の暴力で押さえ込めば良いという発想は完全に間違っています。

彼は銃犯罪が多発しているのはまだ銃が足りないからだ、学生の通う学校周辺や学校内でも拳銃や自動小銃を配備して、不審者は全て撃ち殺してしまえば良いといった趣旨の事を主張しておりますが、現在の日本国内に広がっている、反平和主義の主張も彼と同様のものであると思います。

本当は、銃が無ければ銃器による犯罪は起こりようもなく、銃による犠牲者は出ません。

反平和主義を唱える彼等は口を揃えて次の点を主張します。
第二次世界大戦は当時のナチスが支配するドイツによるポーランドへの侵攻の前に、イギリス国内の平和主義者達の運動の結果である宥和政策の為にドイツに対して攻撃出来なかった事により、世界大戦となり、犠牲が多くなったと言います。
これはウィンストン チャーチルの著書である、 " 第二次世界大戦回顧録 " に記されている事であると。

しかし、これを以って平和主義者が戦争を起こす等と主張する事は全くの的外れです。

例えば、ドイツ国内に平和主義者が多く居ればドイツはあのような暴挙は起こさなかった筈であるし、連合国側が第一次世界大戦後のヴェルサイユ条約のようなドイツにとって受け入れられない条約を押し付けるのではなく、ドイツの国内事情に充分に配慮した内容にするなどして、ドイツ国民の怒りを煽るような外交上の失敗をしなければ、ヒトラーの台頭を許す事にはならなかったでしょう。
また、平和主義の台頭がなかった場合には、イギリスは早期にドイツに対して侵攻し、その場合もやはり多くの犠牲を出す戦争となっていた筈です。
詰まるところ、平和主義が戦争を招くというのは完全な誤りで、戦争が起きるのは、戦争を起こそうとする勢力と、市民の怒りを政治利用しようとする権力者の策動、そして外交上の失敗が原因なのです。

また、平和主義者は実は暴力的で差別的な人間だ等と言う主張もありましたが、これも誤りです。
平和主義を訴える人達の中にも、稀に暴力的な人間や差別的な人間が紛れ込んでいるというだけの事であって、平和主義者が即ち暴力的であるとか差別的であるといった事は的外れです。
平和主義を否定する人達の言い方の方が余程暴力的、差別的であるように感じます。

最後に申しますが、私達日本国民が平和主義を守る為には、諸外国に対して民主主義や平和主義の理念を輸出して行く必要があります。
そしてそれは軍事的な圧力によるものではなく、市民の力、文化の力であるべきです。



->->
[翌日追記]
もう1つ、私の考えを述べさせていただきます。
私が考える平和主義とは、暴力的手段を可能な限り使用しない事犠牲を出さない事を優先させる事対立事項について話し合いもしくは公正公平な取り引きによって解決する事を実践しようと努める事です。

ここで注意すべき事がございます。
それは、集団の和を乱さない事を優先すべきではないという事です。
ある集団内に於いて、意見の食い違いや集団にとって何らかの不利益を及ぼす可能性がある事柄について、それを主張することで集団内に不和を生じさせる恐れがあるからと言って、それを主張せずに居る事は正しくありません。
多様な意見を出し合い、議論し、犠牲やコストを最小化しつつ利益を最大化させる方法を皆で落ち着いて考え抜く事こそが平和主義であると考えます。

集団の和を最優先して異質な個人もしくは小集団を抑圧したり排斥するような事は決して平和主義ではない筈です。
その様な考えは危険な全体主義にも繋がりかねません。
<-<-

めげない。 [日常]

仕事の採用面接を受け、不採用の通知が来たけれど、気持ちを切り替えて、次へ進む。
たとえ周囲から何と言われようと、腐らない。

タグ:仕事

"フラワーフェスティバル由木" にお邪魔して来ました。 [祭り, イヴェント]

東京都八王子市の南大沢中郷公園と南大沢駅前遊歩道で2016年4月30日と5月1日に開催された、 " 第18回 フラワーフェスティバル由木 " の1日目にお邪魔致しました。

この催しは花がメイン テーマですが、ステージ イヴェントでダンス等が披露されるようでしたので、観てみたくなったのです。

実は私は東京都民ではないので詳しい情報を得ないまま取り敢えず行ってみたので、何が行われるのかは会場に着くまで全く知りませんでした。

一応早めに会場に到着するように家を出まして、午前9時30分頃に到着致しました。
パンフレットを頂き、ステージ イヴェントのタイム スケジュールを確認し、公園周辺を散歩致しました。

南大沢駅前には消防車両や白バイが置かれ、子供達の記念撮影が出来るようになっておりました。
公園では沢山の花々が販売されておりました。
フェスティヴァルらしく、会場には多くのお店が出て、様々な食べ物を販売しておりました。

空も晴れて天気が良かったこともあり、お昼頃近くになると子供連れの人達で溢れ返り、花を買う人、一緒に食べ物を食べる親子、遊び場で楽しそうに遊ぶ子供達が沢山居りました。

ステージ イヴェントでは老若男女、様々な人達によるパフォーマンスが行われました。
その中では交通安全協会による交通安全の啓蒙の為の指人形劇もありました。
フラダンス、オカリナ演奏、ヒップ ホップなどのダンス、クラシック バレエ等のパフォーマンスが披露されました。

Flower Festival Yugi_(2016_04_30)_1_resized_1 "フラワーフェスティバル由木" のステージでダンスを披露する "MAKE A WISH ダンス スクール" の女子達を撮影した画像。
" MAKE A WISH ダンス スクール " の女子達。

Flower Festival Yugi_(2016_04_30)_2_resized_1 "フラワーフェスティバル由木" のステージでダンスを披露する "MAKE A WISH ダンス スクール" の少女達を撮影した画像。
同じく " MAKE A WISH ダンス スクール " の少女達。

Flower Festival Yugi_(2016_04_30)_3_resized_1 "フラワーフェスティバル由木" のステージでダンスを披露する "MAKE A WISH ダンス スクール" の女子2人を撮影した画像。
こちらも、 " MAKE A WISH ダンス スクール " の女子2人。

ガーデニング バザールの会場には花々の良い香りが漂っておりました。
すてきなイヴェントを観させて頂き、ありがとうございました。

東京都八王子市の公式ウェブサイトのURL:
http://www.city.hachioji.tokyo.jp/index.html

->->
[2017年5月1日追記]
ブログ記事: 今年も南大沢の "フラワーフェスティバル由木" に行って参りました。
http://crater.blog.so-net.ne.jp/2017-05-01
<-<-

ブログ記事: 私が観に行った関東地域のダンス等のイヴェントのリスト
http://crater.blog.so-net.ne.jp/2016-08-20