So-net無料ブログ作成

月の写真を撮るという事 [天体望遠鏡と天体写真]

本日は大晦日。もうすぐ新年です。

話は大晦日とは関係無く、お月様の写真の事です。

私は2013の8月14日から度々、自作の塩ビ管天体望遠鏡とコンパクト ディジタル カメラで、月の写真を撮影して来ました。

中でも2014年1月10日に撮影した月の写真はとても良い出来栄えでした。
Moon_16_Processed 自作天体望遠鏡とコンパクトデジタルカメラで撮影した月の写真。クレーターが際立って見える。色は黄色 月の兎が見える。
オリジナル サイズ(8208 x 5472[pixels])の画像ファイルは以下のURLにあります。
https://farm8.staticflickr.com/7518/16274740676_13c2d0ee6c_o.png
1月10日の月の写真です。月齢は9.0。

あの時は雲が無く、良く晴れた空で、気流も安定した良いシーイングでした。
その後、同じ様な月相で、更に良い写真を撮影したかったのですが、未だ成功しておりません。
同じ月相は1か月に1回しか現れず、その日の夜が快晴でないとまた1か月後まで待たなくてはなりません。
1年間で機会は12回ありますが、何と2014年は1月10日を除いては天候に恵まれる事はございませんでした。
一見雲が無いように見える夜空であっても、水蒸気が多かったり、上空の気流が荒くて像の細部が乱れていたりすると良い写真は撮れません。

そして大晦日である本日も、素晴らしい月相の予定でしたが、夕方から関東地方に低気圧が接近し、雲が空を覆い尽くしてしまいました。
例年であれば11月と12月と1月は快晴日数がとても多くなる筈なのですが、撮影日には晴れませんでした。

つまり、優れた月の写真を撮るというのはそれだけ難しいという事のようです。

雲よりも高い山の上に天体望遠鏡を持って行くか、そもそも天文台ならば良い機会はもっと多くなるに違いありませんが、私は自宅のベランダから撮れる日が来るのを待ちたいと思います。

次は2015年1月29日が予定日です。



尚、自作天体望遠鏡に関しましては "自作天体望遠鏡が遂に完成しました" を御覧下さい。
http://crater.blog.so-net.ne.jp/2013-08-14


刑事ドラマの画像処理技術について [テクノロジー]

昔、 "超解像" "Super-Resolution" が話題になっていた頃、TVの高画質化に役立つという点で注目されていたように思います。
現在ではTV放送はFull HDの次、UHD (4K)へ向かっております。
TVでは実時間で画像処理する必要がある為、主に1枚フレーム内超解像技術が搭載されております。
ですが、番組コンテンツの撮影と編集が4K以上の解像度で行われれば、超解像処理の必要性は低下致します。
このまま超解像技術、特に "複数枚超解像技術" はマイナーなものになってしまうのかなと思っていたのですが、犯罪捜査には活用されているようです。

主に防犯カメラの映像の鮮明化に利用されているそうです。


アレです。テレビ放送の刑事ドラマなどで頻繁に出てくるあのシーンです。


「現場近くの防犯カメラに怪しい人物が映っていました!」

(防犯カメラ映像を見ながら)
「ダメですね。これじゃ犯人の顔かどうか分からない。」

「私が画像処理で鮮明化してみます。」

(鮮明化した拡大画像を見ながら)
「...こいつだ!犯人の顔に間違いない!」


アレはドラマでは効果が誇張されてはおりますが、それに近い事が可能なのですね。

例えば、株式会社デジタルデザイン の 捜査支援用画像処理システム イメージレポーター という製品は様々な映像の多数枚のフレームを用いて、1画素よりも細かい、サブピクセル レベルでのブロック マッチングで元々の解像度以上の情報を引き出します。ノイズも低減し、輝度やコントラストなども補正してそのままでは判別できなかったナンバー プレートの文字も判読可能にします。この製品は東京工業大学の研究成果の特許技術を用いているそうです。

東京工業大学 / 奥富・田中研究室 のURL:
http://www.ok.ctrl.titech.ac.jp/index-j.shtml

奥富・田中研究室 / 超解像技術研究に関するページ のURL:
http://www.ok.ctrl.titech.ac.jp/res/CSR/CSR-ja.html

株式会社デジタルデザイン / "捜査支援用画像処理システム イメージレポーター" の製品情報ページのURL:
http://www.d-d.co.jp/imagereporter/index.html


ここで私が思うのは、「月の写真にも複数枚超解像を使いたい」という事です。
AviStack2などの無料のスタッキング ソフトウェアは複数枚の写真の位置合わせと変形と合成を行いますが、ノイズは無くなっても解像度は上がりません。
サブピクセル レベルでのブロック マッチングまでしてくれたら嬉しいのですが、さすがにそこまでは望めませんね。

それともう一つ。このような優れた技術は犯罪捜査などに於いてとても強力ですが、逆に市民のプライヴァシーを侵したり、更には企業スパイなど犯罪に使われてしまう事も懸念されます。技術の使われ方も注意深く見て行く必要があると思います。

何と、女の子でした!! [セキセイインコ]

私が飼っているセキセイインコの " イコ " ちゃんですが、7月21日に家に迎え入れてから長い間、男の子だと思っていたのですが、最近になって女の子である事が判明致しました。
初めて家に来た時には鼻全体が青かったので雄だと判断しておりました。
とても良く懐いていたのですが、言葉を喋らず、また、徐々に鼻の色が薄くなってきておりました。
そして現在ですが、鼻全体の蝋膜の色がすっかり茶色になりまして、完全に雌であると判明致しました。
茶色は女の子が発情している時の色だそうです。
どうやらセキセイインコの性別を見る時は、鼻全体よりも鼻孔の色を見るべきだったようです。

Budgerigar_Ico_(2014_12_05)_2 セキセイインコのイコちゃんを撮影した写真。頭の羽毛は白く首から下の羽毛は青い。鼻が茶色い。
https://farm8.staticflickr.com/7545/16300266772_097929e31f_o.jpg
こちらの写真は12月05日に撮影したものです。生後約9か月で鼻の蝋膜は茶色です。
これはもう女の子の特徴です。しかも、発情してしまっている時の特徴です。

Budgerigar_Ico_(2014_07_27)_2 セキセイインコのイコちゃんを撮影した写真。頭の羽毛は白く首から下の羽毛は青い。鼻が青い。
https://farm8.staticflickr.com/7483/16113755190_92fee1aae0_o.jpg
この写真は7月27日に撮影したもので、生後約4か月です。鼻の蝋膜が青色なのが分かるかと思います。
ですが、実はよく見ると鼻孔の周りは少しだけ黄色っぽいのです。


現在は発情している為、少々気性が荒くなり、強く噛み付くようになっております。

インコの発情過多は彼ら自身の健康を損ない、時には死に至る事もあるそうですので、なるべく発情させないように気を付けようと思います。

Firefox34にて余分な検索エンジンを削除しました。 [ソフトウェア]

私は2014年12月18日現在、オープンソース ソフトウェアのウェブブラウザーであるFirefox34を使用しております。
ブラウザーのGUIの検索窓に検索キーワードを入力するとデフォルト以外の検索エンジンが候補で表示されるのですが、ヴァージョン 34では他の検索エンジンを削除出来なくなっておりました。
Ubuntu 14.04にて次のディレクトリーにある各検索エンジンに対応した.xmlのファイルを削除する事でそれらの検索エンジンを表示させなくする事が出来ました。

/usr/lib/firefox/distribution/searchplugins/locale/ja/

削除は cd コマンド で当該ディレクトリーに移動した後、 " sudo rm ファイル名 " で削除致しました。
複数のファイルを同時に削除するには、それぞれのファイル名の間に半角スペースを空けて入力する事で同時に削除出来ます。
以前の様に、初めから自由に検索エンジンの削除や並べ替えが出きるように戻して欲しいところです。

倉木麻衣さんのライヴ コンサート! 日本武道館へ行って参りました!! [倉木麻衣]

久し振りに、行って参りました!
倉木麻衣 さんのライヴ コンサートへ!!
日本武道館で行われた、倉木麻衣さんの15周年にして、単独300回記念のスペシャル ライヴです!!!

" 15th Anniversary Mai Kuraki Live Project 2014 BEST “一期一会” ~Premium~ "

"倉木麻衣" さんの公式ウェブサイトのURL:
http://mai-kuraki.com/

"倉木麻衣" さんの公式ブログのURL:
http://lineblog.me/kurakimai/

私は日本武道館を訪れるのは今回が初めてでございます。
開場15:00 / 開演16:00でした。
高崎線に乗り、新宿駅で下車、地下鉄の都営新宿線に乗り換え、九段下駅で下車、14時前に日本武道館に到着致しました。
日本武道館入り口のグッズ売り場ではスピーカーで倉木麻衣さんの歌が再生されており、気分が高まりました。
長蛇の列に並び、私は人生で初めてコンサート グッズを買いました。
そうとは言いましても、買ったのは特製ペンライトのみですが。
2,500円。中々高価な品です。

Mai Kuraki_Concert_Light_(2014_12_06)_2 "倉木麻衣" さんの15周年日本武道館ライヴ コンサートのペンライトを撮影した写真。暗い部屋の中で青く光り輝きイラストが浮かび上がっている。
これは帰宅後に撮影した球形ペンライトの写真です。
綺麗に青く光り輝いております。

Mai Kuraki_Concert_Light_(2014_12_06)_1 "倉木麻衣" さんの15周年日本武道館ライヴ コンサートのペンライトを撮影した写真。暗い部屋の中で青く光り輝きイラストが浮かび上がっている。


入場引換券の交換所で声を掛けてくれた男性は奇遇にも私の住む街の近くの都市にお住まいで、私と同じく地元のコンサートにも参加されたそうです。

そして入手した座席番号は、何と、またしても2階席の最後方、しかもステージの横、東の2階の最後列から2番目、W列。私のくじ運は本当にいつもどうして良くないのでしょうか。

日本武道館内に入場してまず驚いたのが、2階席の傾斜が急である事。
最上方まで上がって行くと少し怖かったです。
足元の幅が狭く、前の座席の背もたれが僅かに出ているだけなので、もしも誤って前方に転倒したら転落して危険そうです。


肝心のコンサートですが、まず最初から最後まで、舞台演出が本当に凄かったです。
ダンサーさん達は床から飛び出し、幾つもの大きな炎が吹き出して火柱となり、床は何段にもせり上り。
倉木麻衣さんは今回は実に多くの数の楽曲を歌い上げました。
コンサートは2部構成となっており、第1部は通常の様式。
気分が盛り上がる名曲に、切ないバラード、もう嬉しくて堪りません。
休憩を挟んで第2部は藤原いくろう氏の指揮するオーケストラとの共演でした。
何と驚くべき事に、それまでのステージが手前側から大きく持ち上がり、中からオーケストラが出現したのです。
オーケストラとの共演もまた素晴らしかったです。
私は倉木麻衣さんのオーケストラ コンサートには行った事が無かったので、新鮮な感覚でした。
ヴァイオリニストのMeiさんとの共演も素敵でした。
クラシック バレエも美しかったし、ダンス パフォーマンスも格好良かった。
ライヴ コンサートの最後は恒例の楽曲を幾つも歌ってくれまして、会場は大いに盛り上がりました。
終演後に時計を見ると、何と20時。4時間もの長大なコンサートでした。
それにも関わらず、私の感覚ではあっという間でした。それは私がコンサートに熱中していたからです。

後でニュースを見たのですが、36曲も披露されたのですね!!
本当に素晴らしかったです。
コンサートに要した費用は2億円を越えるそうです!
もの凄いライヴ コンサートだなと思いましたが、やはりお金も掛かっていたのですね。


BARKS / "【ライブレポート】倉木麻衣、1万人の日本武道館で「夢のような時間が流れています」" の記事のURL:
http://www.barks.jp/news/?id=1000110471

デイリースポーツ online / "倉木麻衣 感涙15周年記念ライブ" の記事のURL:
http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/12/06/0007562602.shtml

それと、コンサートで元気溢れる格好良いダンスを披露してくれていた、 " La PomPon " という女の子達についての記事を御紹介致します。
BARKS / "平均年齢15歳、ハツラツとLa PomPon登場" の記事のURL:
http://www.barks.jp/news/?id=1000110410


ところで、私は今回も双眼鏡を持参しておりました。
Binoculars_Vixen_(2014_12_07)_1 Vixenの双眼鏡を撮影した写真。
https://farm8.staticflickr.com/7561/16114993869_501a5d4ae9_o.jpg
" Vixen ARENA M10×25 " という双眼鏡です。月を観る時にも活躍しております。
これがあって本当に助かりました。
観客席は傾斜があって、さいたまスーパーアリーナ程はステージが遠くなかったですが、それでもただの眼鏡だけでは細かな表情などは窺い知る事が出来ません。しっとりと歌い上げる楽曲が多かった事もあり、双眼鏡で倉木麻衣さんの表情や純白のドレスを観る事が出来て良かったです。
麻衣さんはドレス姿もとても美しいです。
私の周囲の方々は双眼鏡は使っていなかったようでした。

ライヴ コンサートには双眼鏡を用意しておく事をお勧めしたいと思います。

Vixen / "ARENA M10×25" の製品情報ページのURL:
http://www.vixen.co.jp/product/bino/arena_m/134809.htm



それと、最後に少しだけ惜しいと思った点も書かせていただきます。
オーケストラ形式の楽曲が後半に沢山組まれておりましたが、そこで会場の観客の人達が沁み沁みと聴き入っていた後に、コンサート終演までの盛り上がり方が少々難しかったようです。
オーケストラは前半にして、後半は一気にダンサブル チューンで叩き込んで来てくれた方がもっと熱く、自然に盛り上がれたかと思います。
あと、彼女のアルバム FUTURE KISSまではほぼ全ての楽曲が私の大好きなものだったのですが、RAINBOWから後の曲は私の好みにヒットしないものが多くなりました。西野かな さんの作風を意識しての楽曲は好みではありません。今回の曲目には幾つかそのような楽曲があったので、そこは少しだけ気持ちが下がりました。
あとはこれも個人的な価値観の問題ですが、ある楽曲のバック スクリーンに映し出されていた、ある宗教の光り輝くシンボル マークも、信者ではない私は良い印象は受けませんでした。これは多くの人々は気にしない事とは思いますが。
もしもそれらが違っていたならば、私は今回が最高のライヴ コンサートだったと言えた事でしょう。
ですが、何と言っても、とても素晴らしいコンサートであった事には変わりありません。
まるで夢のような時間でした。


本当に凄い事ですよ。15周年、単独300回のライヴというのは。
彼女の努力の賜物です。
これからも私共に素敵な歌を届けて頂けたならば、本当に嬉しい限りです。


あの素敵なステージを披露してくれた多くのパフォーマーの方々、共演者の方々、関係者の方々、そして倉木麻衣さんに全力で感謝申し上げたいと思います。

Mai Kuraki_Concert_Light_(2014_12_06)_4 自室の天井に投影された倉木麻衣さんの15周年日本武道館ライヴ コンサートのペンライトのイラスト。


Mai Kuraki_Concert_Light_(2014_12_06)_3 自室の天井に投影された倉木麻衣さんの15周年日本武道館ライヴ コンサートのペンライトのイラスト。

自室の天井に投影された、 " 15th Anniversary Mai Kuraki Live Project 2014 BEST “一期一会” ~Premium~ " のペンライトのイラスト。始めてペンライトを買いましたが、良い記念になりました。

->->
[後日追記]
このライヴ コンサートの映像を収録した、DVDとBlu-ray Discの発売予定の発表についての私のブログ記事がございます。

私のブログ記事: 倉木麻衣さんの15周年記念ライヴ コンサート ヴィデオの発売予定が遂に発表されました!
http://crater.blog.so-net.ne.jp/2015-02-14
<-<-