So-net無料ブログ作成
検索選択

三脚が立った! [天体望遠鏡と天体写真]

天体望遠鏡自作開始からだいぶ月日が経ちました。

前回の、天体望遠鏡本体完成時の記事は次のリンク。
http://crater.blog.so-net.ne.jp/2013-06-27


製作の早さが遅過ぎる気もしますが、ようやく三脚部分が完成致しました。
astronomical telescope_15 自作天体望遠鏡の三脚部分の写真。アルミフレームの脚。木製水平回転台座。鎖の開き止め。
https://farm9.staticflickr.com/8650/15680043413_d872de1e04_o.jpg
とても大きいです。
高価なアルミ フレームや、ステンレス金具を使ってしまいました。
まあ、とても楽しめているから良しとしましょう。


astronomical telescope_16 自作天体望遠鏡の三脚部分の写真。木製水平回転台座と脚の付け根。
https://farm8.staticflickr.com/7555/16113786599_afcb27553e_o.jpg
水平回転台座部分です。
この上にアクリル板が載り、フッ素樹脂製の家具を滑らせるシートを貼った回転フォーク部分を載せ、更にその上に鏡筒保持部分を載せる予定です。


astronomical telescope_17 自作天体望遠鏡の三脚部分の写真。木製水平回転台座と脚の付け根。
https://farm8.staticflickr.com/7560/16298132711_b31653541f_o.jpg
この部分で実に苦労しました。
まず、集成材の半円形の面取りされた板をノコギリで半分に切断し、それと台座の集成材の円形板とに充電式ハンディ ドリル ドライバーでM4とM5の穴を開け、ステンレス ボルトとステンレス金具で、それらを結合しようとしたのですが、どうしても垂直に穴が開かず、板の反対側では穴の位置がずれてしまいました。
穴の位置がずれてしまったので金具を取り付けられず、或いは足の回転軸が曲がってしまいました。
そこで、ホーム センターでドリルに付ける水準器を購入してきて、水平を取ろうとしたのですが、今度は作業していたのが和室だったので床が本畳で平らでなく、作業する為の台を水平にしてから、水準器を付けたドリルを水平に保ちつつ穴を開けました。
ようやく垂直の穴が開きましたが、捨て板を敷いた側ではなく、ドリルの刃を当てた表側の穴の周囲が割れて、ボロボロと崩れてしまいました。
錐で軽く下穴を開けておいたのですが、欠けました。
取り敢えず鎖の開き止めも付けて組み付けてみましたところ、真ん中の1枚の板だけでアルミ フレームの脚を固定すると立つことは立つのですが、上から力を加えると水平回転台座が傾いてしまう事が判りました。
そこで2股のアルミ フレームの更に外に木の板を追加して安定させる事に致しました。
また、板の穴の周囲の欠けを修整する為に、またホーム センタへ行き、今度はボンドの"ウッド エポキシ"というエポキシ パテを購入して来まして、これで補修する事に致しました。
初めは付属していたビニル手袋を着用して練っていたのですが、2度目以降の作業ではその手袋は汚れて使えなくなったので素手で練りました。
2色の練り粉を同量混ぜ合わせてヘラで掛けた部分に押し当てていきました。
要らないボルトと爪楊枝で穴の縁を整え、1日以上乾燥させ、パテが充分に固まった後、紙ヤスリと丸いカネヤスリで整形。
更に乾燥させたところ、説明通り、カチカチに硬くなりました。
追加した板と合わせ、合計3枚の板でアルミ フレームの脚を支持する形で、組み立てましたところ、今度は完全に安定致しまして、上から様々に押してもビクともしません。
これならば重量のある鏡筒やカメラを載せても大丈夫です。
尚、脚と板の隙間はステンレス座金で隙間を埋めてあります。


astronomical telescope_18 自作天体望遠鏡の三脚部分の写真。脚の付け根の金具。
https://farm9.staticflickr.com/8657/16299066222_c7df6a7c51_o.jpg
脚1本の付け根部分毎に4枚のステンレス金具と16本のステンレス ボルトを使用。
初めはまさかこんなに高価な仕様になるとは思っておりませんでした。


astronomical telescope_19 自作天体望遠鏡の三脚部分の写真。鎖による脚の開き止め。
https://farm8.staticflickr.com/7564/16113785609_eef6a9e974_o.jpg
三脚に必須の開き止の付け根部分の写真。
ここも苦労しました。
当初は木の棒で開き止めを作ろうと考えておりましたが、これも垂直の穴開けができず、取り付けた棒が斜めになってしまった為断念。
急遽ホーム センターにてステンレス チェーンとステンレス製三角リング キャッチを購入し、連結致しました。

尚、アルミ フレームの先端にはステンレス製L字金具を付けてあります。


今後は回転フォークの製作を始めます。

池袋にて。 [写真とカメラ]

28日に、池袋を散歩して来ました。
幸い天気が良く、陽射しは強く、暑過ぎる程。
この日も池袋駅周辺は人出が多く、賑わっていました。

カメラも持っていたので数枚の写真を撮影。

IIkebukuro_9 池袋で撮影した写真。 "首都高速5号池袋線" の高架の道路の橋桁の下を写したもの。 緑色に塗られた鉄骨の構造と白く塗られた鉄骨の梁。
https://c2.staticflickr.com/8/7552/16274003296_824b4d5d7c_o.jpg
緑色が綺麗な、首都高速5号池袋線の高架の道路の橋桁の下側。
橋桁と、橋脚の梁が巨大な鉄の鎖で連結されているところが魅力的。
この写真を見て、「あぁ、あそこの交差点だよね。」って気付く人は居るのだろうか。

Ikebukuro_10 池袋で撮影した写真。 "ルミネ池袋店" を写したもの。
https://c2.staticflickr.com/8/7506/16112386148_8e6bf5b6d5_o.jpg
前にも撮影したビルディングですが、別の場所から。

Ikebukuro_11 池袋で撮影した写真。 "ルミネ池袋店" を写したもの。 多数の鉄の外階段と真青な後ろの壁と手前の白い格子構造。
https://c1.staticflickr.com/9/8589/16114080727_fdce227131_o.jpg
多数の鉄の外階段と真青な後ろの壁と手前の白い格子構造がそそる。
何だろう、外階段の魅力。
外階段にそそられる人って、私だけではないですよね。

幾枚かの写真。 [写真とカメラ]

まずは蛙。
frog_1 蛙の写真。 "ニホンアマガエル" と言う種類。 紫蘭の細長い葉っぱの上で日向ぼっこをしている。
https://c1.staticflickr.com/9/8662/16111699098_566c957914_o.jpg

frog_2 蛙の写真。 "ニホンアマガエル" と言う種類。 紫蘭の細長い葉っぱの上で日向ぼっこをしている。
https://c1.staticflickr.com/9/8604/16111698998_3dae35341b_o.jpg
私の家の庭の紫蘭の細長い葉っぱの上で、気持ち良さそうに日向ぼっこをしているところ。
私の母が見つけて、私が撮影しました。
すごくかわいいです。
おなじみのニホンアマガエルですね。


続いては、ランタナの花。
lantana_1 "ランタナ" の花の写真。 緑色の葉。 黄色と橙色と赤色の花。
https://c1.staticflickr.com/9/8668/16111698758_fa42a3d628_o.jpg
鉢植えのランタナを陽の当たる場所へ移動させて撮影しました。
濃い緑色の葉に、中央の黄色い花から外側の赤色の花までのグラデーションが映えます。

lantana_2 "ランタナ" の花の写真。 緑色の葉。 黄色と橙色と赤色の花。
https://c2.staticflickr.com/8/7556/16111874070_5dae0315dd_o.jpg

lantana_3 "ランタナ" の花の写真。 緑色の葉。 黄色と橙色と赤色の花。
https://c2.staticflickr.com/8/7512/16113393527_f94cf87127_o.jpg

lantana_4 "ランタナ" の花の写真。 緑色の葉。 黄色と橙色と赤色の花。
https://c1.staticflickr.com/9/8612/16273316446_cc2cab05d0_o.jpg

lantana_5 "ランタナ" の花の写真。 緑色の葉。 黄色と橙色と赤色の花。
https://c2.staticflickr.com/8/7489/16111698128_7c2812de8b_o.jpg


最後は、全く変わって、鉄道写真。
Omiya_5 高架の鉄道写真。 鋼鉄の橋脚とコンクリートの橋桁。 鉄のトラス構造の電柱とトラスビーム。 電線。
https://c2.staticflickr.com/8/7505/16299263695_94d1f0cf63_o.jpg
動植物の写真の後に無機質な構造物の写真です。
埼玉県大宮駅付近の、高架の鉄道です。上は新幹線が走ります。
鋼鉄の橋脚とコンクリートの橋桁。無数のボルト。鉄のトラス構造の電柱とトラスビーム。そして電線。

Omiya_6 高架の鉄道写真。 橋桁の直下から見上げた様子。 鋼鉄の橋脚とコンクリートの橋桁。
https://c1.staticflickr.com/9/8643/15676850874_c0b52a4db2_o.jpg

Omiya_7 大宮駅での鉄道写真。 電気機関車が牽引するコンテナ貨物列車。
https://c2.staticflickr.com/8/7466/16111712098_04878608b2_o.jpg
大宮駅近くの陸橋の上から撮影した写真です。
電気機関車が牽引するコンテナ貨物列車が大宮駅を出発したところを写したものです。
分岐点がカッコイイです。



ところで、この記事を書いている最中に、落雷により停電致しました。
私が使用しているのはデスクトップ PCで、UPSは無いので、そのまま電源が落ちました。
PCが故障したり、データが消失したり、或いはオーディオ機器が故障する等の事態を想像して恐怖しましたが、幸い大事には至りませんでした。
更に、Google Chrome web ブラウザーが自動バックアップを取っていてくれたお陰で、この記事も消えませんでした。

倉木麻衣さんのライブ行って来たぞー! [倉木麻衣]

MAI KURAKI LIVE PROJECT 2013 "RE:"東京国際フォーラムでの公演に行って参りましたー!!!

私が彼女のライブ コンサートに行ったのはまだ通算5回目、東京国際フォーラムは3回目です。

今回のチケットは悲しいかな1階4x列の7x番と、大変後ろの隅の方でした。。。
ですが!! 私は眼鏡と双眼鏡を携え、しっかりと倉木麻衣さんの歌う表情まで見て来ましたよ。

今回もますます素晴らしかったです!!!
やっぱり倉木麻衣さんは歌唱力が高いなぁ!

ノリのイイ曲から入って、バラード、アップテンポ ナンバーへ。
今回はプロジェクトのコンセプト カラーの緑色のペンライトでしたね。
私は用意せず、素振りでしたが、会場の殆どの人はペンライトを手にして、幻想的な光の波を創っておりました。


実は私、泣いてしまいました。。。
"さくら さくら..."
倉木麻衣さんの歌に込めた感情がひしひしと伝わってきて、双眼鏡で表情も見ていたので、心の琴線に触れてしまったのです。
自然と、涙腺が緩み、涙がほろりと頬を伝いました。
彼女の歌は、それ程に心に響いて来るのです。
近年の麻衣さんのバラード曲は、本当に上手いです。

ところで、会場のとても多くの人達が、楽曲毎の手振りを上手く合わせていました。みんな、玄人が多かったみたい。

アンコールの"Mai-K"コールもずっと止まずに、すごい熱気でした。
これ程多くの人々が、麻衣さんの事を応援しているのですね。
もちろん私もその一人です。

今日は、素晴らしいコンサートを本当にありがとうございました。
まだライブ ツアーは始まったばかりですが、これから先の会場でも頑張ってください。
ツアーの成功をお祈りしております。