So-net無料ブログ作成

塗装はなかなか難しい [天体望遠鏡と天体写真]

前に、水性白色スプレー缶で屋外にて塩ビ管の鏡筒を塗装してあったのですが、色々と問題が起こりました。
まず、塗装後、4日程度は鏡筒の中にアルミフレームを通して宙吊りにして乾燥させてあったのですが、その後布の上に寝かせて置いておいたら、生地の跡が付いてしまいました。
せめて跡が付いたのが下側だったら良かったのですが、目立つ横側でした。
それと、ドロー チューブに地上レンズとブラケットとカメラを付けた時の重量でドロー チューブが傾かないようにする為、鏡筒に金具を追加する事にしたのですが、それに伴い鏡筒にボルト穴を開けたので、穴の周りの塗装が少し汚くなったので鏡筒全体を再塗装する事にしました。
しかしここで問題がありました。
連日風が吹いており、屋外でスプレー塗装する機会に恵まれないのです。
そこで、浴室に養生シートを貼り、窓を開けて、スプレー塗装してみる事にしました。
ところが、窓は風が吹く方角とは違っていたのですが、窓から吹き込む風が瞬間的に強くなり、埃が付着し、終いには養生シートがめくれ上がり、塗装中の塩ビ管にくっ付いてしまいまして、悲惨な結果になりました。
養生シートをもっとしっかりとテープで貼り合わせるべきでした。
仕方が無いので、根気強く風の穏やかな日を待ち、失敗箇所には軽く細かい紙ヤスリを掛けて、屋外にて再塗装したいと思います。

尚、使用したのはアトムハウスペイントの水性スプレー 白 アクリル樹脂系です。
このスプレー塗料は泡にならず、均一に塗装出来ました。
また、硬質塩ビに対する付着性は良いようです。
下地処理無しでも充分な塗膜が出来ました。

->->
[後日追記]
塗膜は剥がれてはおりませんが軟らかいようで、長時間接触していた部分に痕が残ってしまいました。
やはりプライマーで処理すべきだったようです。
<-<-

天体望遠鏡を自作中 [天体望遠鏡と天体写真]

先月後半から、天体望遠鏡を自作中です。
実は私、2月に愚かにも会社を自主退職してしまったので、気を紛らわす為に自作しております。
人生、色々ありますが、めげずに生きていこうと思います。



以下は、私が自作している天体望遠鏡の主な仕様です。

[対物レンズ]
スコープタウン.JPにて購入
"スコープタウン.JP" のURL:
http://www.scopetown.co.jp/

口径80[mm], 焦点距離1000[mm], アクロマート レンズ, 4面フル マゼンタ コート, コバ艶消し塗り, 金属製セル付, 銀箔分離


[接眼レンズ]
Amazon.co.jpにて購入
"Amazon.co.jp" のURL:
http://www.amazon.co.jp/

Vixen NPL40mm シルバー 31.7mm 39209
焦点距離40.0[mm], 見掛視界40°, アイ レリーフ36.0[mm], 直径31.7[mm], 長さ88.5~99.0[mm]

よって、倍率はf1000[mm] / f40[mm] = 25[倍]



[地上レンズ]
Amazon.co.jpにて購入
Vixen 地上レンズ31.7AD 3847-09
マゼンタコート


[カメラ ブラケット]
Amazon.co.jpにて購入
Vixen デジタルカメラクイックブラケットⅡ 39196-7


[鏡筒]
・タイスイライトカン(塩ビ薄肉軽量管) 呼び径100
・VU管(塩ビ薄肉管) 呼び径50
・VU管(塩ビ薄肉管) 呼び径40
・塩ビ管継手 塩ビ管呼び径100


[経緯台]
フリーストップ式
三脚は脚を閉じるのみで、伸縮はしない
三脚の脚部: アルミ フレーム
その他の部位: 集成材, 木材, 各種金物, アクリル板



と、こんな具合で、とても高額な自作天体望遠鏡となっております。
完成まではまだ日数が掛かりそうですが、出来上がったら写真付きで解説致します。

Avrilの新曲がイイね! [コンテンツ]



やっぱりAvril Lavigne !!
新曲 "Here's To Never Growing Up" がとてもイイですね。

彼女も近い内に(再び)結婚するのかと思うと一抹の寂しさを感じますが、是非幸せになって頂きたいですね。

かつて私は、毎月1枚以上は音楽CDを買っていましたが、最近は半年に1,2枚しか欲しい作品が無くなりました。

そんな中登場したAvrilの新曲はジャケット アートワークも含めて買わずには居られない作品です。
久々の楽しみができました。




ところで、私は只今、あるものを製作中です。
塩ビ管と集成材と、アルミ フレームと、レンズ。
白いスプレー塗装を終えて、完全乾燥するまで放置。
充電式ハンディ電動ドリル ドライバーで穴あけ。
ノコギリで切断、やすり掛け。

果たして上手く出来るだろうか。