So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2011年10月 |2011年11月 ブログトップ

HHH DVDでクラクラでマイった.... [倉木麻衣]

2011年10月19日といえば?!

答えはもちろん!



倉木麻衣さんの " HAPPY HAPPY HALLOWEEN LIVE 2010 " のDVD発売です!!



帰宅後、友人と音楽鑑賞をした後、電車で出撃!

購入即帰宅。

システム起動....!

準備完了....!!

ディスク挿入!!!

音量を上げて、スタート!!!!


2時間後(DISC1終了)、クラクラ~??! (<=ラリってます)


素晴らしすぎるぅ~。

ああっ女神さまっ!!

もうダメだッ! (<=何が!?)


録音良し。
ミキシング良し。
雰囲気良し。
アングル良し。
編集良し。
衣装良し。
ダンス良し。
ライティング良し。
演出良し。
選曲良し。
歌唱最高。
麻衣さんのスマイル.... 限界突破!!!!!

生きててよかった。



晩飯後、DISC2を鑑賞。(夜なのでボリューム下げる)


はあぁぁ~


生きててよかったァ~!

興奮しすぎて眠れなそう。
明日は、マイコンのプログラムを書かねばならないのに...。
(マイコン: マイクロコントローラーの略)

おそらく明日は、頭がマイコンになってしまうことでしょう。
(マイコン: 倉木麻衣のコンサートの略)

人は皆、倉木麻衣さんのHAPPY HAPPY HALLOWEEN LIVE 2010 DVDを買うべきだと思う。(<=極論)

私のオーディオシステムの昔と今 [私のPC & オーディオ システム]

先ずは、私のオーディオ システムの変遷を紹介します。


そもそもの始まりは、1990年代に、母に買ってもらった大型のCD ラジカセ。
PUFFYのCDを聴き、喜んでおりました。


次は、叔父に買ってもらったMacintosh(虹色林檎のブラウン管一体型)での再生。
iTunesよりも古いオーディオ プレイヤー ソフトウェアを使用。
実はこのクラシックでシンプルなソフトウェアが今までで一番好きなプレイヤーでした。

このMacintoshは、中学校での学級新聞、委員会新聞の制作に活躍しました。



次に母に買ってもらったのはPowerBook G4 550MHz Titanium。
OS Xがメッチャかっこいい!!と感激していたのを覚えています。
この時、iTunesを使用。
当時のiTunesは純粋な音楽再生ソフトウェアでした。



ヘッドフォン felicidade S055WHでの再生がメインでした。
その後、YAMAHAのUSB デスクトップ スピーカー システム YST-MS55Dでサブウーファーの凄さを知りました。


その後、Macintoshを買ってくれた叔父が昔使用していたVictorのスピーカー システムを発見し、使わせて頂く事に。
Old System-2


次は、別の伯父が使用していたYAMAHA NS-1000Mを発見!
伯父に働きかけ、伯父の部屋にオーディオ システムを再構築して頂きました。

ベリリウム ドーム振動板と、密閉型と、大型磁気回路の音の良さを知ってしまいました。


家族に頼み込み、YAMAHA NS-8HX (トールボーイ スピーカー)とYST-SW1500 (サブウーファー), DSP-AX540 (AV アンプ)を買ってもらいました。

中国山西産黒御影石のオーディオ ボードも設置。

Victorのスピーカー システムはリア スピーカーとして使用。

PowerBook G4からUSB接続の光デジタル出力アダプター sonicaでAV アンプへ出力。光ファイバーをSONYの石英ガラス製の極太の光ファイバーである、 " POC-10ES " に替えると音質が向上しました。

音楽は買ってきたCDをPowerBook G4のiTunesで取り込み。
もちろん非圧縮のAIFF (.aif)形式。

Canonのスキャナーでジャケットや歌詞カードを高解像度でスキャン。


AV アンプはYAMAHA DSP-AX757へ。


PCはDELL Inspiron 530 Desktop (Windows Vista Basic 32bit)に。

2007年1月購入のPLAYSTATION3 (初期型)でBlu-ray Disc再生。




そしてようやく、現在。
PCは自作。
Antec Solo Black(初代)の静音ケース+吸音材。
CPUはIntel Core 2 Duo E6550 (TDP65W)。
電源も静音仕様 SCYTHE CORE4-400 (400W, 12cm 静音ファン)。
ヴィデオ カードはZOTAC GeForce GT 240 1GB ZONE Edition (ファンレス)。
HDDはHGST Ultrastar A7K2000 HUA722050CLA330 (サーヴァー用静音タイプ)。
ケース ファンはSCYTHE S-FLEX SFF21E (12cm, 1200rpm)。
OSはWindows 7 Home Premium 64bit。




再生ソフトウェアはfoobar2000。
foobar2000は非常にお勧めの素晴らしいオーディオ プレイヤー ソフトウェアですよ。
基本は完全にシンプルな再生機能とライブラリ機能とアートワーク表示など。
コンポーネントを追加して自在にカスタマイズ可能。超シンプル プレイヤーから超多機能、高機能プレイヤーにだって出来ます。

私の作成した設定は後で紹介致します。


音楽はAIFFから同じく非圧縮のWAVE (.wav) ファイル + cue シートに。

部屋のドアを分厚い板+襖紙で埋め、板襖にはDAIKEN遮音シート + 襖紙、サッシには隙間テープである程度の遮音に成功。


スピーカー ケーブルは工事現場用の5.5mm^2 50[A]流せる極太のもの(値段は高くない)を、フロント スピーカーにバイワイヤリング接続、リアにシングル ワイヤ接続。
これは効果抜群でした!
音が全部出るようになった感じです。

PS3はheavy dutyに耐え続けた末にお亡くなりになりました。

->->
[後日追記]
その後2台目のPS3を購入致しました。
<-<-

AV アンプはDENONのAVC-3310 (silver)、プリメイン アンプ DENON PMA-1500SEを設置。
PCからはCREATIVE USB Sound Blaster Digital Music Premium HDによる光デジタル出力です。
音に関するオプションは全てOFFにしてあります。



やっぱりプリメイン アンプは凄いです。

信じられないような異常に良い音がします。



低音はタイトで、瞬時に立ち上がり、ピタっと止まる。


黒檀の塊が飛んできたかのような硬い波動を喰らいます。

極低音域は、2階建て大型旅客バスのエンジンのような聞こえるか聞こえないか位の低い音が出ます。

シネコンのMOVIXのTAD スピーカー級です。

ですが近所迷惑になるし、家が倒壊するのでそこまでの音量にはできません(当然です)。



様々な種類の音が実在感を伴って空間に結像します。


高音域のシルクのような柔らかさ。


打楽器のカッツン カツン、スッコン スコン、ズッダン ズダン、キン コン カン。
完璧です。インパルスを感じます。

ディラックのデルタ関数です。


しかもこのYAMAHA NS-8HXのウェーブ ガイド ホーンにより、正三角形の位置で、ニア フィールドで聴くと、ステレオでもサラウンドに聞こえるのです。


音楽の余韻も完璧に描き切ります。


弦楽器のハーモニクスも素晴らしい。


今まで、オーディオ関係のイベントなどで様々なハイエンド オーディオの音を聴きましたが、
何故か、私のオーディオ システムは、ハイエンド オーディオの音がするのです。


もしもスピーカーを買い換えたくなるとしたら、それは1本100万円以上のスピーカーだけだと思います。


皆さんも、良いオーディオ システムで、音楽を、ちゃんと購入して楽しみましょう。


-|2011年10月 |2011年11月 ブログトップ