So-net無料ブログ作成

Web APIでディレクトリーを読み込む機能を標準化して欲しい。 [プログラミング]

この度、自作のウェブ プログラム音楽ファイルを読み込んで音楽を再生出来るように致しました。

専用ブログの記事: "ウェブ音楽プレイヤー"
URL: http://musicvisualizer.blog.so-net.ne.jp/2017-06-26

JS_Music Player_SS_(2017_06_28)_2_Cropped_1 ミュージック プレイヤーのスクリーンショット画像。 黒い背景の上に青色の二重の光る円環があり、円環の中心から青色の多数の輝く粒子が放出されている。 画面の下方には音楽のスペクトラム アナライザーのヴィジュアライザーが描画されており、垂直の青色のバーが多数横方向に並んで伸び縮みしている。 青色のバーは明るさと彩度と色相に微妙なグラデーションが掛かっている。
https://c1.staticflickr.com/5/4238/35410672282_f315bbd654_o.png

これは自作のHTML5 音楽再生ウェブ アプリケーション プログラムで音楽ファイルを再生させながらヴィジュアライザーを表示している状態のスクリーンショット画像です。

音楽ファイルの読み込みには " HTMLInputElement " を利用しております。

ファイル入力の標準化された方法と致しまして、HTMLの " input " 要素で " type="file" " 、 " multiple " 属性を設定する事でウェブ ブラウザーの標準のファイル選択用のボタンが画面に表示され、それを押すとファイルを1つまたは複数選択して参照する事が出来ます。
私は以前作成した " HTML5 インタラクティヴ ジェネレーティヴ ディジタル アート " ではこの方法を利用致しました。

ですが私が新たに作成した " 音楽再生ウェブ アプリケーション " では、非標準の " HTMLInputElement.webkitdirectory " を利用して音楽ファイルが入っているフォルダーのあるディレクトリーを読み込むように致しました。

そして、読み込んだファイルの相対パスとファイル名に基づいてファイルの順序をクイックソート アルゴリズムで並べ替えてから " window.URL.createObjectURL( fileList[i] ) " で選択したファイル毎のURLを生成させ、音楽再生時に " XMLHttpRequest " でURLからデータを取得し、 " audioContext.decodeAudioData() " で音楽データをデコードして、バッファーにデータを入れて出力させます。

選択したフォルダー以下にある全てのフォルダーと音楽ファイルを読み込んでリストにして再生出来ます。

現状では、セキュリティ上の配慮からディレクトリーへのアクセスが可能な " HTMLInputElement.webkitdirectory " はWeb標準化されておりません。
その為、ヴェンダー プリフィクスが付いており、仕様が固まっていない上、将来標準化されるかどうかも不透明です。
一応、現在主流のブラウザーは対応しているようです。

この機能は非常に利用価値が高いものですので、是非とも標準化して心置き無く使用出来るようになって欲しいところです。

"MDN" (Mozilla Developer Network)の "HTMLInputElement.webkitdirectory" のページのURL:
https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/API/HTMLInputElement/webkitdirectory

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0